今日のワイズ

2017年5月27日 (土)

だから俺は幸せマンなのか!

今日、元オリンピアンで、競泳の解説でもおなじみの林享君からサインをもらいました。

彼とは10年前に国体の愛知県予選で戦い敗れた思い出がありますね。

さて、今日もまた「サピエンス全史」からとってもためになるお話をしましょう。

ずばり「幸せになる方法」です。

サピエンスが誕生して600万年間、生物学、政治学、経済学、社会学などあらゆる角度から切り込み、全500ページに及ぶ人類史を編纂した著者が最後にまとめた金言です。

人間の幸福を決定する最大の要因は「家族・コミュニティ」だ。

富(お金)はある限度を超えると幸せとの相関関係がなくなる。

健康も悪化の一途を辿ったり、苦痛を伴わなければ幸せとの相関関係はない。

例えば、貧乏で病気で寝ていても愛情深い家族に囲まれている人の方が、孤独な億万長者よりも幸せということだ。

つまり人類は産業改革や科学の発展で、健康になり、資本主義経済で(一部の人は)富を手に入れたが、これらは同時に家族や地域コミュニティを破壊したので、人類は幸せになってはいないことになる。

でも、幸せになるための大前提は「心の持ちよう」で、例えば自分の期待値が1で自分の状況が2なら幸せを感じることができ、期待値が10で現状が2の人は絶望的な気分になるのだ。

これを別の観点から考えると、苦痛やストレスに打ち勝つ強い精神力があれば、状況点を高くできるが、現代人は堪え性がなくなり、苦痛や不快なストレスなどに打たれ弱くなったので状況点が低くなり、幸せ率も低くなってしまう。

別の見方をすれば、幸と不幸は表裏一体で、不幸があるから幸せを感じることができ、幸せを知っているから、不幸を感じられるのだ。

また、生まれつき陽気(プラス思考)な人は幸せになりやすく、陰気(マイナス思考)な人は不幸になりやすい。

例えば子育てを苦役と考えると不幸だし、尊い体験と考えると幸せになるわけだ。

もう1つ、人生に意義がある人は幸せ率が上がり、人生が無意味と思っている人は不幸になりやすい。

例えば、極楽浄土もその一つで、来世の幸せを信じているから苦しい現世を生き抜くことができる。

ちなみに仏教は幸せについて一番考えている宗教で、「我欲をすべて捨てさる」ことが悟りであり、一番心が安らかである。(私は無宗教で無神論者なので誤解のないように)

さて、ではまとめましょう。

人間が幸せになるには

①なんでもポジティブに考え

②強い精神力を持ち

③家族や地域のコミュニティを大事にし

④人生に意義を持ち

⑤健康で

⑥ある程度のお金があって

究極的には我欲を捨てるといいのである。

さぁ、これを実践して君も今日から幸せになろう!

逆説的証明だが、私はとっても幸せで、考えてみたら①~⑥が全部当てはまっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

死ぬな~!

ごぶさたです。

ロミオです。

「忘れた」とか言わないように。

さて、新年度1発目の中間テストですね。

千秋中はまだですが、現在出ているだけでもすごい良い結果が報告されていますよ。

合計400点(平均80点)超えが1年生で37.5%、2年生で50%、3年生も50%で、

450点(平均90点)超えも1年生で16.7%、2年生も16.7%、3年生も16.7%いました。

期末もこの勢いでガンガン上げていきましょう。

さて、話は変わって久々の「サピエンス全史」です。

この忙しいさなかに読破しました。

いや~、これは名著ですね。

お話ししたいことは山ほどありますが、それは皆さんのお楽しみとして、今日は最後のまとめから抜粋したいと思います。

まずは戦争。

私の人生の目標に「この世から戦争をなくす」というのがありますが、目からコンタクトが落ちるほどの衝撃を受けました。

2000年の全世界の死亡者のうち、戦死者が31万人。それに対し、殺人死亡者が52万人。交通死亡者が126万人。自殺者が82万人。

つまり、戦争を止めることも大事だが、犯罪防止や交通事故防止や自殺抑止のほうが世の中を良くする割合としては高いということだ。

また、昔の戦争は、領土や資源略奪が開戦目的だったが、現代の資源は知的財産(つまり人間の脳の中)なので、奪いにくい。

また、核爆弾の威力が強大になりすぎて双方痛み分けという結末が見えるので戦争がしにくい。

さらに、戦争よりも平和時に経済成長(投資や貿易)したほうが幸せになるという考えが広まっている。

つまり、戦争で領土拡大よりも、資本主義経済の方が楽して儲かるという考えだ。

だとすると資本主義も一理あるということか。

一番いいのは「格差なき、資本主義」かな。

というわけで私の人生の目標は「自殺者を減らす」に切り替わりそうです。

そのためには、子供たちと心と体で本気でぶつかって自己肯定感やコミュニケーション能力を高めてやることですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

距離だけなら日本2周くらいしてるぞ!

ロミオのけったで大冒険第25弾「九州再上陸」から無事帰宅しました。

今回は5日間で308km走破し、14個の城を攻めてきました。

時間軸で個人的感想を書きますね。

4月29日
①福岡城・・・民進党が集会をしていた。
②大野城・・・時間がなかったのでふもとの体育館でスタンプを押して百間石垣だけ見て行こうと思ったが、入り口がわからず、結局頂上の県民の森まで登ってしまった。
③吉野ケ里遺跡・・・駅から走ったら、少しずつリュックのチャックが開いたらしく、遺跡についたら荷物が空っぽ!もと来た道を走って戻ったら、途中の道端にパンツやらシャツが点々を落ちていた。
④佐賀城・・・まず再建された御殿の廊下の長さに驚いた。次に案内されて門に残っていた佐賀の乱のときの弾痕を見て感動した。
4月30日
⑤唐津城・・・名城には入っていないが、岬の上に建った天守が絵になる。藤棚もきれいだった。
⑥名護屋城・・・資料館が立派だった。特に天守や櫓などはなかったが、ここに戦国武将たちが一同に会していたと思うと鳥肌が立つ。
⑦平戸城・・・ここも岬の上に天守があって見晴らしは最高だった。
5月1日
⑧軍艦島・・・6年前の時は天候により出港できなかったが、今回は上陸できて6年越しの夢が叶った。その間世界遺産に登録されたので人がいっぱいだった。
⑨島原城・・・再建天守はピラミッドのようなシンメトリーだった。売店の寒ざらしを食べた。
5月2日
⑩人吉城・・・なかなかしっかりした石垣が残っていた。周りが山なので昔の情景を思い描きやすかった。
⑪飫肥城・・・なかなか趣きのある門や石垣が残っていた。南国果物のような香りのする樹木の花があった。小村寿太郎の墓もあった。
5月3日
⑫大分府内城・・・電車の乗り継ぎの20分間で駅から走ってスタンプ取りに行った。スタンプの位置がわからず焦った。写真を撮るひまもなかった。大学生の時はいつでも写真を撮るチャンスがあったのに。
⑬岡城・・・学生の時(25年前)と違うルートで登らされ、途中で見覚えのある風景と合流した。とにかくここの石垣の高さはすごい!
⑭別府・・・泊まったゲストハウスがぶらタモリのロケ地の真横だったので、同じようにぶらぶらした。
5月4日
⑮大洲城・・・四国に渡る。7年前は遠くから眺めただけだったが今回は中も見た。川に突き出たロケーションで様になってた。
⑯湯築城・・・正直、あまり遺構らしきものはなかったが、歴史館で写真を撮ってもらった。
5月5日
⑰今治城・・・こちらも前回遠くから眺めただけだったが、しっかり中に入ってきた。海に近いので天守からの眺めがよかった。

さて、これで、総合計日数が102日、走破距離が9252km、攻め落とした城が94城となった。
できればこれらをリアルタイムで伝えたいが、スマホ持ってないので、帰宅してから塾のパソコンを使って書いてるところです。

あとは北海道の3城と沖縄の3城となった。
これから1年かけてじっくり計画を立てよう。さあいよいよロミオのけったで大冒険もフィナーレが近づいてきたかな。完全制覇したら褒めて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月27日 (木)

konomojigayomemasuka?

私は高校野球が大好きです。

ちょっと前になりますが、第89回春の選抜高校野球大会があり、高校球児たちの熱戦接戦が繰り広げられとても楽しかったです。

私は夏と春の大会の時(つまり1年に2冊)だけ、高校野球の雑誌を購入していますが、ここであることに気づきました。

高校野球関連の主な雑誌は2種類あり、1冊は「報知新聞社」のもの、もう1冊は「ベースボールマガジン社」のものです。

簡単に比較紹介すると、「報知」はグラビア(写真)系、「ベースボールマガジン」はコラム(文章)系です。

なので私はいつもベーマガの方を購入していましたが、書店で今月号を手に取ると中身がいつもと違う!

報知と同じくカラー写真が多くて、文章が少ない作りになっていたのです!

同様のことが、家内の買った旅行雑誌でもありました。

文章系だった「まっぷる」が、写真系の「るるぶ」っぽくなっちゃったのです。

私が言いたいことはもうおわかりですね。

この2例のように世の中は「文章→写真」に変化しているということです。

以前、明治村で謎解きをしていた時、自分の生年月日に発行された新聞を記念に購入したのですが、その活字の小さいこと!

活字が小さいということは、新聞紙の大きさが変わらなければ当然情報量は昔の方が多いわけで、これと比べると今の新聞の活字(情報)の少なさといったら!

てか、そもそも現代人は新聞を読んでいるのか?

さらに、最近は町の本屋さんがどんどん減少していて、いったい現代人はどこで活字に触れているんだ?と心配になっちゃいます。

私の住んでる岩倉市も現在大型スーパーに入っている2店舗しかなく、最後まで残っていたやまねこ亭が駅前に移転縮小し、まさに風前の灯です。

なんとか、頑張ってもらおうと、こないだの桜まつりの日に「ルービックキューブプロフェッサー」などたくさん購入しましたが、この現代の活字離れは子供たちの学力はもちろん、国家レベルで日本人がアホになりそうで怖いです。

いや、ひょっとしたら地球レベルで人間が退化していくのでしょうか。

そうなると、AIが人間にとって代わる日も近いかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

またまた自己ベスト!進化が止まらない!

昨日、日本マスターズ水泳短水路大会のため、三重の鈴鹿に行ってきました。

毎年、参加してるのですが、昨年に引き続き、今年も自己ベストを更新することができました。

今年で45歳ですが、まだまだ進化中です。

50m平泳ぎ、32秒74。

ワイズのみんなも先生を見習って努力しましょうね。

「俺はできる!絶対できる!よしやるぞ!」と毎日唱えましょう。

さて、先日のワイズ遠足は楽しかったですね。

春日井市にある標高400mのみろく山を登ってきました。

一番鍛えようと思っていたT君には逃げられてしまいましたが、代わりにK兄弟が参加して、ヒィヒィフゥフゥ言いながら登頂しましたね。

ちなみに山頂には地元の人が長年にわたり、野鳥の餌付けに成功し、手のひらから餌を食べてくれます。

子どもたちも楽しそうに餌(ピーナッツ)をあげてました。

これはなかなかできない体験だと思います。

今度は8月の恒例ワイズキャンプとロミオ先生の水泳教室、さらに秋のワイズ遠足がありますのでお楽しみに。

ちなみに今年のワイズゴールデンウィークは4月29日から5月7日です。

私は1年に1度のお楽しみ「ロミオ先生の自転車で日本一周(第25弾)」のため、九州と四国に行ってきます。

これで1万kmに王手がかかります。

また、いっぱい面白い話をお聞かせします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

本当のカッコよさを教えてやるよ

先日、桜を見に行ってきました。

祖父母の家が岩倉の五条川の近くだったので、子どもの頃から毎年見に行きました。

今年は数年ぶりに大阪のいとこが来たので、みんなで花見のあと居酒屋で宴会となり、楽しい時間を過ごすことができました。

このいとこと私と私の弟は趣味が似ていて、歴史、高校野球、将棋、三国志、大河ドラマ、相撲、ヘビーメタル、ジョジョの話で大いに盛り上がりました。

ちなみに私の家族(父、母、私、弟)は誰一人スマホを持っていません。私も仕事上必要なだけで、できれば携帯電話すら持ちたくないし、弟はガラケーすら持ったことがなく、PHS(わかるかな?)を使っています。

さて、先日、高校生になったRちゃんと話をしていたら、衝撃の事実が発覚しました。

今の中学生は80%くらいの子が彼氏彼女がいて、90%くらいの子が異性と付き合った経験がある、とのこと!

で、次のやり取りでさらに衝撃が。

「じゃあ、どんな子がモテるの?てか逆にこれだけのカップル率だとどんな子がカップルになれないの?」と聞いたら

「ラインをやってない子」

と速答で返ってきました。

「はっ?!じゃあラインやってない子の中にかっこいい子やかわいい子がいたらどうするの?」と尋ねたら

「スマホ持ってない子の中にかっこいい子やかわいい子はいないよ」

「ショック!!!!!」

私の希望としては「スマホもラインもやらないのにメッチャかっこいい奴」がいて欲しかった。

自分で言うが、現に私も弟もスマホもラインもやらないがカッコイイ(私も弟も小学校の頃からたくさんのチョコやラブレターをもらった)し、頭もいい(私は日本文理大卒→塾講師、弟は早稲田大卒→司法関係、いとこは大阪大卒→薬剤師)し、スポーツもできるし、スタイルもEXILEメンバーみたいにいい体である。

だって、メールの文字で告白されたって、うれしくないし、真意が伝わらないし、なにより、堂々としていないではないか。

私は、たくさんのラブレターをもらいそれなりにうれしかったが、やはり最後は直接本人が勇気と覚悟を持って告白してくれた子を選んできたし、自分が告白する時もしっかりと目の前の本人に自分の体から発した言葉で伝えてきたのだ。

メールの文字でしか自分の意思を伝えることができないような人間にはなるな、と私は言いたい。

もっと生の体でぶつかり、傷つき、リアルで生きることの楽しさを知ってほしい、と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月26日 (日)

もうすぐ100億!

先日、大口町のプールで小さな大会がありました。

私は3年前から出場し、それまで20数年間残っていた大会記録を更新し、それを今度は毎年更新するのを目標にやっています。

ただ、カテゴリーが30~50歳区分で20歳くらいの開きがあるので、四捨五入すると50歳の私が30歳の選手と戦うのは結構厳しいですね。まぁ勝ったからよかったけど。

50歳でJリーガーやってる人もいるので、私も頑張ります。

まだ、サスケも出てないからね。

さて、今日も「サピエンス」ですよ。

「農耕は、狩猟に比べ、栄養バランスも悪く、ヘルニアや関節痛など体への負担もあり、労働時間も増え、未来を心配する癖もついた」

私もこの本を読むまでは、狩猟採集時代より、農耕定住生活の方が豊かかと勘違いしていたが、どうやら逆のようなのだ。

つまり、農耕は個々の生活水準を下げて、人類の数を増やしたことになるのだ。

これを良いことと取るか悪いことと取るかだよね。

現在、地球上では、医療科学の発達により、死亡率が減り、人口が爆発的に増加しているが、当然、それにより、環境問題、エネルギー問題、食料問題など、様々な問題が起こってくるわけで。

もう1つ。

農耕により、搾取するものとされるものに分かれ、大きな格差が生まれた。そしてその構図は現代も同じで、ずるい者は権力や富を握り、真面目な者は重労働を課せられる。

だったら、狩猟生活に戻ればいいじゃん、となるがこれも前回のDNAと同じで恐らく不可逆的なものなんだろうなぁ。

だから、解決策としては、人類がみんなで協力して格差是正の方向に向かうべきだと思うのだが、果たして富を持っている人がそれを手放すかどうか。

こんなに飢餓で苦しんでいる人が何億人といるのを承知で、平気で贅沢三昧の日々を送っているからね。

金持ちって想像力がないのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DNAに抗う?従う?

稀勢の里、すごかったですね。照ノ富士は惜しかったな~。膝の状態が良くなかったかな。

玉鷲と高安も力をつけてきてるし、白鵬が戻ってきたら、また来場所は荒れそうで楽しみですね。

さて、今日も「サピエンス」です。

「肥満も不倫もうつ病もDNAの名残り」

現代のほとんどの問題はDNAで解決しちゃいます。

簡潔に言えば、「より動物(野生)に近い人間と、現代の法や社会構造の不一致」ということです。

わかりやすく説明しましょう。

肥満は、太古の昔、食料を保存する方法がなかったので、食べ物を見つけたらその場で食べられるだけ食べておくということが人間のDNAに刻み込まれたが、現代は食べ物があふれんばかりに目の前にあるので、現代人はそのDNAに素直に従った結果デブになっているということだ。

不倫や浮気は、女性が複数の男性と関係を持つことで、関わったすべての男性の子育て協力を得ることができ、結果、子孫の生存率が高くなるということがDNAに刻まれているのだ。

また、動物学的にも、一夫一妻制は不自然である。

また、うつ病などの様々な精神疾患も、本来人間は家族単位くらいの小集団での関わりだけ考えていればよかったものが、学校や会社など、不特定多数の様々な人たちと強制的に関わらなければならないことで発症してしまうのだ。

ここで、考えられる解決方法は

①法や社会構造を壊して、人間はDNAに従って、動物に戻ろう。

②DNAに抗って、精神疾患者や不健康な人が増えるけど、我慢しよう。

のどちらかだ。

あなたはどっちがいいですか?

では、もう1つ悩ましい例を挙げましょう。

パラグアイのジャングルに住むアチェ族は、1960年代まで、足手まといの老人や病気や怪我で動けない仲間を殺す習慣があった。

また、生まれた子が身体的に特異(髪の毛がない、顔が変など)だった場合、ただちに殺された。

さらに親の機嫌が悪くて殺された子供もいた。

現代人の法や倫理、基本的人権の感覚からすれば、とても賛同できないと思うが、DNAの見地からすれば、非常に理にかなった行動なのである。

確かにDNAに従えば、非常に非情な面もあるが今より生きるのが楽になるだろう。

好きなだけ飲食してデブになって、好きなだけ異性と交わって、できた子供が泣きわめけば虐待して殺す。

これなら現代人は、不倫をしても訴えられることもなく、子育てに苦悩することもなく、介護に疲弊することもなく、無理して会社や学校に行く必要もないので、うつ病になることもない。

さぁここで3つ目の解決の登場だ。

人類みんなでそんなDNAに抗い、少しずつDNAを書き換えていくのはどうだろう。

人類、いや、生物が地球上に誕生してから40数億年。

同じ時間だけ、みんなで助け合って、苦しみながら、頑張って育児をし、介護をし、福祉をし、慈善事業をすれば、それに慣れた新しい人類が誕生するかもしれない。

DNAに抗うということはそういうことです。

40数億年先が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月25日 (土)

自分をもっと高めて、それをみんなで共有しよう!

WBC、惜しかったですね~。

でも、いい試合を見せてもらってよかったです。

ちなみに私は一宮市で社会人野球に所属していて、先日開幕戦があり、1番サードで先発出場し、3打数3安打で、絶好のスタートを切りました。

今年は、チームの勝利はもちろんですが、個人の成績にもこだわっていきたいと思っています。

さて、今日も「サピエンス全史」です。

「人間が人間たらしめる理由は『虚構の認知(空想する力)』だ。それを集団で共有できる能力だ。共通の神を信じると150人以上の集団が維持できる。架空の夢物語を語ることで会社を設立できる。それは嘘とは異なり、みんなが信じる限り維持できる。」

牛を屠殺できない私が牛肉を食べられるのも、建築の技術がなくても家に住めるのも、人類が仕事を分担し、発明や発見をした科学者たちの知恵が惜しみなくみんなに行き渡っているからだ。

なら、人類はインターネットというものを利用して、もっと協力しあって、素敵な未来を作ることができると思います。

ちなみに私の人より優れた能力は「教育」です。

人に教えることに関してはとっても自信があります。

もし、教育のことで悩みや相談がありましたら、聞いてみて下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

似ているので無視できず、違っているので我慢がならない

今年も土筆を採ってきて、調理して食べました。

今年は家内が作りましたが、私よりおいしかったです。

さて、今日も「サピエンス全史」です。

「人間はあまりに性急に生態系の頂点に駆け上がったために、自らの進化についていけず、戦争などの悲劇を起こしている」

この世から戦争がなくなったとき、はじめて人類は自らの進化に追いついたことになると思いますが、はたしてそんな日は来るのでしょうか。

続いて

「サピエンスがネアンデルタール人を根絶したのは、あまりに自分たちと似ていたので無視できず、あまりにも異なっていたので我慢がならなかったからだ」

一見矛盾してるように見えますが、親子や夫婦の関係に置き換えると納得か。

まったくもって人間とかけ離れた犬や猫ならば、ご飯をこぼして食べても許せるが、自分の子供だと腹が立つ。

双子のように相手のすることや考えることが自分と同じであるならば共存しやすいが、自分は節約家なのに夫が浪費家だと腹が立つみたいな。

どんどん行きましょう。

「人間の言語の発達は『気をつけろ!ライオンだ!』ではなく、『誰と誰が仲が良くて、誰と誰が仲が悪い』などの噂話が原因」

すごいですね。

噂話や陰口が言語を発達させたとは。

だから、私の嫌いな女性週刊誌やワイドショーなどがなくならないんですね。

でもこれだと、集団は150人が限界だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

今日のワイズ