« あとは癌と仲良く暮らそう | トップページ | 効率化だけじゃ教育はできない! »

2019年6月25日 (火)

AIより強い、人間の堕落欲求

昨日、友人の家でAIのプログラミングを見せてもらいました。

本当は私自身がAIを動かしたかったのですが、パソコンのスペックが足りず(ちなみにワイズのパソコンは元は95年式で、いろいろ中身を増設して今に至るので動画が静止画になります)、友人にAIプログラミングの本を貸して、代わりにプログラミングをしてもらっていたのです。で、いろいろできることがわかったのですが、はて、何をやろう?と考えてしまいました。

いまやAIは社会の様々なところで活躍しています。

医療現場なら癌の早期発見や、警察なら犯罪の防止、政治の世界では人間の代わりに政策を考えるなど、です。

私は教育者なので、教育に関することで、世の中の役に立とうと考えたのですが、これがなかなかうまくいきません。

例えば「テスト問題の予想」。

ここが出題されるからね、と生徒に伝えても本人がやらなかったり、理解できなければ意味がありません。

例えば「弱点の補強」。

この子はこの単元が理解できてないからこのプリントをやりましょう、と渡してもやはりやらなければ意味がない。

じゃあ、根本に戻って、「勉強のやる気を出させる方法をAIに考えてもらおう」。

この子にはこんな接し方で、こんな言葉かけをすればやる気になる可能性が1%上がるでしょう。

そう、結局は本人の受け取り方次第なので、100%上がる方法はありません。

それを裏付けるかのような発言が子供たちから出ました。

「勉強しないで、頭がよくなる方法ないの~?」

これが彼ら(彼女ら)の究極の要望なのです。

別の例で例えると

「運動しないで痩せられる方法ないの~?」

「整形も化粧もしないで美人になる方法は~?」

「働かないでお金持ちになりたい~」

ということだ。

というわけで、AIで単純作業は効率化できるけど(答案用紙を1秒で採点するなど)、人間のあくなき欲求には答えられるものではない、という結論に至りました。

だって、すでにワイズでテストに何が出るか予想して、その徹底解説もしてるのに、点数が取れない子もいるのだから。

逆説的に言えば、だから教師という職種はAI全盛の時代が来てもなくならないということです。

これからも、同じ質問を100回聞かれても笑顔で教えてあげることを続けていくしかありません。

|

« あとは癌と仲良く暮らそう | トップページ | 効率化だけじゃ教育はできない! »

今日のワイズ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。