« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

2019年5月30日 (木)

みんな見てるところが違うよ!

しばらく書かないと、追い出されそうで怖いですね。

強制感が大嫌いなロミオです。

ツイッターも結局2回ほど入れなくなってやめたし。

さて、川崎市で起きた殺傷事件について。

普通の人とは違う観点から意見を述べます。

まずはクイズ。

このような凶悪犯罪が多い季節はいつでしょう?

答えは3~6月。春です。

世間が浮かれている季節です。

これは自殺と同じ心象原理です。

ただでさえ自分の境遇が不幸のどん底なのに、世間が幸せだとより自分の不幸が際立つからです。

でも私は凶悪犯罪が多発するのは日本の現代社会において至極まっとうな現象だと思います。

これだけの格差社会を見せつけられたら、その格差を少しでも埋めたいと無意識に思うのは当然です。

だって、よく考えて下さい。

仮に今回の事件の被害者と加害者が逆という状況は考えられますか?

加害者がお金持ちの私立幼稚園に通う園児で、被害者が50代の孤独で貧乏な男性と。

ありえないでしょう。

もちろん、日本国家には幸せになる権利が保障されています。

どれだけ金持ちになろうが、幸せになろうが自由です。

でも公共の福祉に反しない限りです。

もちろん今回の事件が普通に裁かれれば、被害者に何の罪もありません。

が、少しは不幸な身の人のことを省みる余裕が必要です。

こんなこと書くと普通は炎上するらしいのですが、よく考えて下さい。

本当にあくどいのは誰なのか?

今回の事件でテレビ番組のコメンテイターや専門家、評論家たちは、とりとめのない、具体性のない、見当違いな、あたりさわりのないコメントをぶつぶつ言って、出演料を懐に入れました。

その方があくどいと思いませんか?

被害者の立場に立ち、同情するだけの中身のないコメント。

そして、今後の対策は通学路の安全の強化だと声高にいう。

全国の通学路に警備員を配置したらいくらかかるのでしょう?

仮に設置したとしても、この手の犯罪が根本からなくなるわけがありません。

この方向で話が進んだら、畢竟、子供は家から出られなくなりますよ。

では、私の解決策を述べましょう。

目を向けるのは加害者です。

恐らく、同じような考えを持った凶悪犯罪予備軍が何万人もいます。

その人たちが幸せを感じるような社会にすればいいのです。

端的にいうと幸せとは人とのつながりです。

だから、地域で孤立した人がいなくなればいいのです。

具体的には地域で子供会の他に、青年会、壮年会、老人会を作って、全員が参加するのです。

全員が顔見知りになる。

おせっかいなおばちゃんが声をかける。

そういうつながりができるくらい密に関係性がとれれば、犯罪を犯す前にまわりが気づいたり、本人が相談できて、犯罪を未然に防ぐことができるでしょう。

 

| | コメント (0)

2019年5月11日 (土)

やれることはなんでもやる!日本一の塾になるために!

令和になりました。

ホームページにも書きましたが、カフェインと医療ミスで激しい頭痛に襲われ、救急車で搬送され緊急入院となり、この一連の騒動で10万ほどすっとび、1円も持たず10連休となりました。

毎日図書館へ行き、サスケセットでトレーニングし、自転車で岐阜県の小さな城跡や遺跡、素敵な風景を見て回りました。

途中、湯乃華市場などで試食を頂いた時は本当に助かりました!

さて、昨年はラサール中学の合格者を出したこともあり、ありがたいことに口コミで少しずつ生徒は増えていますし、講師の方もありがたいことに優秀な講師がいっぱい揃いました。(実は今日もう一人講師希望の方がワイズに来てくれました)。

しかし、私が広報宣伝が苦手なため、まだまだ経営が損益分岐点に達していません。

そこで10連休を使って、ワイズの魅力をてんこ盛りにした素敵な広告を作りました!

まずは現ワイズ生に1枚ずつ配布したので、まずはご覧ください。

また、授業の動画配信も始めました!

高画質のデジタルビデオカメラは競泳のフォーム確認のため持っていますが、動画サイトの記録方式と違うため載せられず、携帯電話の付属機能のビデオカメラで撮影し、それをデスクトップのパソコンにつないでフォルダーに移し、それから動画サイトにあげているので、手間もかかるし、画質も粗いですが、授業内容は日本一わかりやすいので、ぜひご覧ください。5分で1つの単元が理解できるようにしてあります。

授業には本当に自信があるので、たくさんの人に見てもらいたいと思います。

さて、もう一つ。

ワイズはホームページもあります。分厚いプログラミングの本を読んで作ったのですが、どうやっても写真が載せられず、毎月文章で書いています。

しかし、あんまり閲覧されてないので(1日平均1回)、なかなかワイズの良さ、ワイズの中の動きが伝わってないと思います。

そこで、月に1回、このホームページの文章と、さらに様々な面白くてためになる情報を盛り込んだ紙媒体(時代に思いっきり逆らう)の情報誌を発行することにしました!

まぁ、基本的にやるのが私なので、あんまり初めから力を入れすぎないように、とは考えていますけど。

どうしても、今いる生徒たちに全力の授業をすることが優先だと思っているので。

というわけで、令和元年!ワイズも頑張ってこの地域の子供が全員通い、みんなから「素敵な塾ですね」「通ってよかった~」「ロミオ先生大好き~!」と言われるような日本の教育を背負って立つような塾にしたいので、これからもよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

| | コメント (0)

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »