« 本当の教育論 | トップページ | 市で一番! »

2018年11月24日 (土)

褒めるな危険!

さて今回も中室牧子氏の「学力の経済学」と行きましょうか。
前回も書いたとおり、本当にこの本は腑に落ちました。
私の経験から来る教育論がこんなにも当たっていたことがうれしかったです。
今回は「子供は褒めて伸ばすべきか?」に対する明快な解答です。
よく著名な教育者の尾木ママあたりが「そりゃ褒めて伸ばすべきよ~」なんて言ってますよね。
世の中の大半の人も褒めて育てることに賛成する人が多いと思います。
結論から言いましょう。
褒めて伸ばすは大間違いです!
私自身が褒められず育てられ、一人前の人間になれたと思っているので、生徒たちにも必要以上に褒めずに育てています。
私の経験からもあまり褒めずに育った子の方が、変に褒められすぎて育った子よりもしっかりした大人になっています。
誤解されそうなのできちんと言いますが、「褒めるな!」とは言ってません。
本当にこれはすごいな~!と思った時だけ褒めるのです。
ですから褒める機会はほとんどありませんよ。
生徒50人を毎日見てて、1年に5回くらいですね。褒めるのは。
そうです、一度も褒められることがない子の方が大半です。
さて、説明しましょう。
よく教育書に「子供は褒めて伸ばしましょう」と書いてあります。
それは褒めることによって自尊心が育つ、という論です。
自尊心の強い子は何にでも果敢にチャレンジして、前向きに人生を送れる、という論です。
大々的な研究の結果、まったく逆の結果が出たのです。
「自尊心のある子は勉強にも前向きに取り組み、成績が上がる」ではなく、
「頭がよくて成績のいい子は自尊心が高まる」ということだったのです。
「え?じゃあ頭の悪い子は自尊心が育たないの?」ということになりますよね。
そういうことです。残念ながら。
まぁ、学校の成績以外にスポーツでも何でも、人よりも秀でているものを持っていて、多くの人がその価値を称賛してくれる境遇にあればそれでもいいです。
そしてもっと面白い事実が浮かび上がりました!
よく聞いてくださいね!
頭の悪い子(平均以下の子)に褒める実験をしたところ、なんと成績が下がったのです!
つまり、頭の悪い子を無理やり褒めると、本人から成績の悪かったことの反省の機会を奪うばかりでなく、自分に対して根拠のない変な自信を待たせてしまうのです。
頭の悪い子に「あなたはやればできるのよ」と根拠のない褒め方をすると実力の伴わないナルシストを育てることになるのです!
近年はそういう子が増えてきたので、逆に私は本人に「お前の実力はこれくらいだよ」ときちんと伝えるのです。
「正直に、素直に、事実のとおり、思った通り、伝える」
これが子供と接するときの唯一の基準です。
何も盛りません。過大評価も過小評価もしません。
褒めることをしたら褒める。アホなことをしたら「アホか」と言う。
それだけです。
簡単で単純なことです。
というわけで褒めすぎに注意してくださいね。

|

« 本当の教育論 | トップページ | 市で一番! »

今日のワイズ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 褒めるな危険!:

« 本当の教育論 | トップページ | 市で一番! »