« 休みくらい休ませろや | トップページ | 日本のAIは世界一ィィィィィィ! »

2017年8月11日 (金)

思い立ったらAI

今日からお盆休みになったので、読みたかった本を一気に5冊読んだ。

「AI」の本です。

もちろん歌手ではなく、「Artificial Intelligence」の方です。

私はもともと数学やコンピューターが大好きで、小5の時、親父が持ってたマイコン(当時はマイクロコンピューターと呼んでいた)で、プログラミングをして、自分でゲームを作っていたこともあり、ここにきてその頃の好奇心が疼き出したのだ。

さて、AIを操るには、「マシン語(おもにC言語)」の他、数学の「微分・積分」「線形代数」、「統計学」と「集合論」が必要と書いてあった。

本を読み進めて面白かったのは、今後の世界状況についての記述です。

ざっくり言うと、AIを制した国が世界を制する、という。

これまで人類史には3つの変革期があり、1つ目が農耕による定住革命、2つ目が産業革命、そして3つ目がネット革命だ。

そして、いずれの革命も制した国が富みや権力を得て、乗り遅れた国は搾取され、貧困にあえぐことになってきた。

例えば、第3の革命インターネットでは、日本は技術開発では世界をリードしていたが、国民性なのか、それで金儲けをしようという気はなかったので、その技術をマイクロソフトに取られ、Googleやフェイスブックなどが莫大な利益を持ってってしまい、日本はその間、失われた20年と言われる低成長期になり、完全に後塵を拝す形となってしまったのだ。

そして、今回のAI革命が第4の革命になるというが、また同じような状況になりそうなのだ。

AIの技術力では日本はとてもいいものをもっているが、やはり、それで莫大な富を得ようと考える人はあまりいない。

私がこの度AIを学ぼうとしているのも動機は単なる知的好奇心で、これで一儲けしようなんてさらさら思わないのである。

でも、アメリカや中国は違う。

何とか他の国よりも先にAI革命を成し遂げ、世界の富を全部自分のものにしようと考えるのだ。

軍備拡大もそう。

日本は平和を願っているのに、中国やアメリカはどこの国よりも強力な武器を開発して、世界の国々を力でねじ伏せて俺様の言うことを聞かせようとするのである。

イメージでいうと、日本は頭がよくて人のいい優等生、アメリカや中国はズル賢いジャイアンだ。

いずれにせよ、未来の経済状況はこのAIにかかっており、これを制した者が莫大な富を得て、この競争に乗り遅れた者は完全に仕事を失い、所得を失い、生活困窮者になるそうです。

さて、次回は、どう仕事がなくなり、人間はどうなっていうのかを、詳しく述べたいと思います。

お楽しみに!

|

« 休みくらい休ませろや | トップページ | 日本のAIは世界一ィィィィィィ! »

今日のワイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1049265/71395129

この記事へのトラックバック一覧です: 思い立ったらAI:

« 休みくらい休ませろや | トップページ | 日本のAIは世界一ィィィィィィ! »