« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月24日 (月)

超簡単に賢くなる方法

10年前、ワイズを立ち上げる時、苫米地英人氏の著書を読んだ。

「子どもが天才になる方法」が書いてある書だ。

端的に言うと「本を読め」だ。

小学1年生から、最低でも1週間に10冊。年間で500冊くらい読め、と書いてあった。

そして先日、同氏の続編を読んだ。

「社会人が勝ち組として生きる方法」が書いてあった。

結論は「新聞を読め」だ。

最低でも10紙。朝日、日経、産経など国内だけではなく、ニューヨークタイムズ、ウォールストリートジャーナル、偏りを避けるため、イスラム系のアルジャジーラ、イスラエルのエルサレムポスト、フランスのルモンド、韓国のコリアヘラルドなど、とにかく世界各国の新聞を一字一句すべて読んで、20年間続ければ、最低限度の知識が身について普通の社会人になれる、と書いてあった。

相変わらず極端だが、私の家族(父・母・弟・叔父など)は言われなくても、昔から本や複数の新聞(海外紙は取ってないが)をずーっと読んできているので、勝ち組かどうかはあまり興味ないが、頭はいい。

だから実体験で思うのだが、本や新聞を普通に読んでいれば、学校の勉強なんて何も難しくないと思うが、今の子たちはほとんど読んでいないようなのだ。

というわけで、何度も言いますが、賢くなりたければ「読書と新聞」。

ただそれだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人間に育てるということ

暑い日が続いていますが、ロミオ先生はいたって元気です。

さて、以前、「キリスト教の7罪源」を挙げましたが、今回は「仏教の五戒」を挙げてみましょう。

「不殺生」「不盗」「不邪淫」「不虚言」「不飲酒」です。

現代語に訳すと「殺人罪」「窃盗罪」「強姦罪」「詐欺罪」「未成年飲酒禁止法違反」でしょうか。

まぁ、古今東西、不変の罪という感じがしますね。

ただ、こんな戒律が昔からどこの国にも存在するということは、裏を返せば、戒めないと人はこういうことをするのが自然という見方もできる。

悲しい真理ですね。

で、普段、子どもたちを見ていると、時々野生の獣のようによこしまな言動をする奴がいたりするので、そこが私の一番の出番だったりして、しっかり注意しています。

先日も小学生の女子2名のふざけが過ぎたので、思いっきり叱りました。

家のお父さんには許されても、ロミオ先生は容赦しないので気をつけましょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月22日 (土)

親父の生き様

人の記憶とは曖昧なものなので、大切な記録として残しておこう。

今日、時間を取って家族で話をした。

テーマは「おとんの目指す理想の世界」についてだ。

桑原家は少し変わっていて、おかんは料理が下手で、おしゃべりで、酒豪。

おとんは料理や片付けが上手で、寡黙で、下戸。

だから、おとんが毎日料理を作り、おかんがそれを食べながらダメ出しをするという、一般家庭じゃ考えられないような光景が日常なのだ。

よく考えてみると、子どもの頃からおかんには何百万回も怒られたが、おとんには一度も怒られた記憶がない。

ただ、思い返してみると、おとんの無言の行動から学んだことはたくさんあった。

二言で言うと「思いやりと正義」である。

とにかくおとんはびっくりするほどやさしい。

困っている人を見たらすぐに手を差し伸べる。

人が嫌がるような役割を買って出る。

たとえば、新任の教師が新居から遠い学校への赴任が言い渡されそうで困っていると自分が代わりに赴任する。

だからいつもおとんは遠くの学校へ毎日朝早く出勤し、夜遅く帰宅していた。

ちなみにおかんは人事担当と上手に話をして、いつも近くの学校に勤務していた。

もう1つは間違ったことが大嫌いということだ。

たとえば、大企業の経営陣や官僚など、既得権益などにしがみついて、触法まがいのやり方で甘い汁を吸っている私利私欲の人間には断じてノーと言う。

というわけで、息子である私たち兄弟にもそれはしっかりと受け継がれているのだが、そんなおとんも後期高齢者となり、一度、膝を突き合わせておとんが目指している理想の世界を聞いておきたいと思ったのだ。

で、まずは経済について。

「それは単純だよ。みんながまっとうに働いて、普通に暮らせる世界だ。狩猟採集時代と同じだ。みんなで狩りをしてみんなで分け合う。それが理想だよ。ただそれは共産主義社会じゃない。資本主義経済の先にそういう世界が実現するんだ。何年後かわからないけど。」

続いて国家の安全について。

「戦争は絶対ダメ。何百万人も死ぬ。敵が来たら降参すればいい。何百万人の人が死ぬよりも悪いことにはならないよ。だから軍隊もいらないし、核もいらない。自衛隊派遣もしなくていい。原発も危ないからいらないし、米軍基地もいらない。」

宗教について。

「宗教みたいな曖昧なものよりも科学的根拠が大事。」

なるほど、おとんの考えはそうだったのか。

あらためて聞いたが、概ね同じだ。

あなたの理想はしっかりと息子の俺たちに受け継がれていますよ。

おとんを一言で表すと「弱者のために戦う人」だ。

給食費が払えない生徒には、ベルマークを集めて文具を贈ったり、

学校が荒れてた時代には自分の車が一番不良生徒から狙われやすい所に駐車したり。

私ももっとおとんを見習って、弱きものに手を差し伸べ、凶悪なものに立ち向かっていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

好きな小池は晃です。

中学校のテストが終わったので、ようやく夏期講習の予定を作成しました。

今年はさらに日数を増やして(もちろん料金はそのままで)、世の中科も「読書に強くなろう!」をテーマにたっぷりやる予定です。また、今年の受験生(中3)はとてもやる気があるので、その子たちの要望も叶えるべく、時間割を組んだのでお楽しみに。

話は変わって、今日は「罪」についてです。

世の中には理不尽なことが山ほどある。

無視すれば心穏やかに過ごせるが、曲がったことが大嫌いな私は少しでも世の中が良くなるならと、つい首を突っ込んでは正したくなってしまう。

維摩経は、「ゴミを拾うのは徳であるが、ゴミを捨てる人を注意するのは不徳だ」と説いたが、私は、「神でも仏でもないので注意してもええじゃろう」、と開き直って普段子供たちが悪さをするとすかさず注意している。

今一番腹立たしいのはシリアの内戦だが、そんなに首が長くないので、まずは都議会選か。

共謀罪もそうだが、憲法改正を掲げる晋三が腹立たしい。

あれだけの犠牲の上に作られた憲法を改正するということは、その人たちの魂をないがしろにするだけでなく、未来の日本国民をも再び戦争の惨禍に陥れることも辞さないわけだ。

そんなに戦争したいのなら、一人で武器持ってシリアにでも行けばいい。

さて、世の中にはいろんな犯罪がある。

恐喝から殺人までいろいろあり、それに合わせて刑の重さが決められている。

それは裏を返せば、だいたいの人がそれをやられたら困る気持ちとほぼ比例している。

もちろん、国や時代によっても多少異なるが、だいたい「殺人」「暴行」「窃盗」「詐欺」「器物損壊」みたいなところか。

これを太古の神と呼ばれる人たちはどう定義したのか興味が湧いたので読んでみた。

キリスト教の有名な7つの罪源では

「暴食」「色欲」「強欲」「憤怒」「怠惰」「傲慢」「嫉妬」

と説いている。

恐らくこれらは、直接的な罪ではなく、その罪に至る道筋を示しているのだろう。

つまり、これらの感情や行動をしていると犯罪につながるだろうと。

確かにこれ自体は罪を問われるものではないが、人としていい行いではない。

しかし、現在の日本を見渡してみると、この7つの罪をよく見かける。

特に、匿名性の高いネット上での無責任な発言のやりとりや、テレビ、マスコミ、芸能界である。

先日、「地下アイドルと芸能事務所」の本を読んだが、まさにこの7つの罪のオンパレードで、よくこんな世界でまともな神経で生きていられるなと思った。

そう考えると今、日本では犯罪予備軍が多いのだろう。

私はなるべく子供たちがそうならないように、教え導かなければならないが、少々怒りっぽいので、気をつけたい。

でも戦争したがる人間は腹立つな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »