« どこから右でどこから左? | トップページ | AIさん、うちの子の学力を伸ばして下さい »

2017年6月29日 (木)

singularity

さて、いよいよ「AI」に切り込みます。

ご存知だと思いますが、プロ棋士の現名人(棋士で一番強い人)がAI搭載のコンピューターポナンザに負けました。

恐らく将棋にあまりなじみのない人は「あ、そう」くらいの感想だと思いますが、これは人類史上の大きなシンギュラーポイント(特異点)なんです。

「本能寺の変」よりも「フランス革命」よりも大きな事件なんです。

この日を境に人間はその頭脳において、もう2度とコンピューターには勝てないのです。

名人の敗色が濃厚となり、もう投了(負けの宣告)するしかない数分間の名人の苦悩の表情や仕草は、将棋界だけでなく、人間の知をすべて背負いながら人類の代表として人類の敗北を認めるという苦渋の瞬間でもありました。

しかし、この名人や将棋界の重鎮羽生3冠も含め、私もこれを悲観しているわけではありません。

問題は、「この人間をしのぐAIをどのように扱っていくのか」という点です。

これは何もAIが人類に取って代わって世界を征服する、などというSFみたいな話ではないのです。

例えるなら、車の発明と同じです。

この便利な物をどう社会に役立てていくか、ということです。

野放しでは交通事故が起こるので危険です。

そこで「道路交通法」を作り、免許の取得という制度にし、国の予算で道路を整備するといったことがなされました。

AIも今後、そういう方向に進んでゆくことでしょう。

気をつけるべき点は「AIをどこまで許容するのか」です。

車がこれだけ社会に浸透し、人類はどうなったか?

まぁ、交通事故は当然減らすべき最大課題ですが、慢性的に人類は足腰が弱くなりました。

これをAIに当てはまると、恐らく人類は慢性的に考えなくなり、「頭が弱くなる」でしょう。

よって、私の考えは「車もAIも最低限にとどめ、極力自分の足で歩き、自分の脳で考えること」です。

つまり、目指すのは「車もAIも使いこなせる原始人」です。

|

« どこから右でどこから左? | トップページ | AIさん、うちの子の学力を伸ばして下さい »

今日のワイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1049265/71001536

この記事へのトラックバック一覧です: singularity:

« どこから右でどこから左? | トップページ | AIさん、うちの子の学力を伸ばして下さい »