« AIさん、うちの子の学力を伸ばして下さい | トップページ | 好きな小池は晃です。 »

2017年6月29日 (木)

労働>金利

マイケル・サンデルが「正義とは何か?」を説いて5年。

トマ・ピケティが「労働収入>資産収入」を説いて3年。

アル・ハラリが「サピエンス」を説いて1年が経ちました。

結論を言えば「未来の人類は貧乏な労働者と働かない富裕層に分かれる」ということです。

古来より人間は労働(狩猟)をして生きてきました。

働かないことは死ぬことと同じでした。

オランダのある学者が言いました。

「資産家がコンピューターのディスプレイの前でボタンを押すだけで億のお金は入ることは、自宅で高齢の親を介護している人の労働より生産性が高いのか?」と。

私も同感である。

家事もそうだ。

だいぶ機械化されて楽にはなったが、やはり掃除、洗濯、炊事は人間の生業の基本である。

労働とは「社会の役に立つ」という側面もある。

コンピューターの前でボタンを押すことは社会の役に立っているとは思えないから、やはり介護労働を行っている人の方が賃金をもらうべきである。

こう考えると「労働とは何か?」というより「公正な労働対価とは?」という問いになってくる。

だから私の理想としては

「金利、株式、証券などはいっさい禁止。

やるなら、その利益は社会に分配せよ」である。

農家は畑を耕し、猟師は魚を取り、工場労働者は車を作り、塾講師は勉強を教える。

そして、その日食べる分と寝る所が確保できるだけのお金があればいいのだ。

|

« AIさん、うちの子の学力を伸ばして下さい | トップページ | 好きな小池は晃です。 »

今日のワイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1049265/71003225

この記事へのトラックバック一覧です: 労働>金利:

« AIさん、うちの子の学力を伸ばして下さい | トップページ | 好きな小池は晃です。 »