« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年5月

2017年5月27日 (土)

だから俺は幸せマンなのか!

今日、元オリンピアンで、競泳の解説でもおなじみの林享君からサインをもらいました。

彼とは10年前に国体の愛知県予選で戦い敗れた思い出がありますね。

さて、今日もまた「サピエンス全史」からとってもためになるお話をしましょう。

ずばり「幸せになる方法」です。

サピエンスが誕生して600万年間、生物学、政治学、経済学、社会学などあらゆる角度から切り込み、全500ページに及ぶ人類史を編纂した著者が最後にまとめた金言です。

人間の幸福を決定する最大の要因は「家族・コミュニティ」だ。

富(お金)はある限度を超えると幸せとの相関関係がなくなる。

健康も悪化の一途を辿ったり、苦痛を伴わなければ幸せとの相関関係はない。

例えば、貧乏で病気で寝ていても愛情深い家族に囲まれている人の方が、孤独な億万長者よりも幸せということだ。

つまり人類は産業改革や科学の発展で、健康になり、資本主義経済で(一部の人は)富を手に入れたが、これらは同時に家族や地域コミュニティを破壊したので、人類は幸せになってはいないことになる。

でも、幸せになるための大前提は「心の持ちよう」で、例えば自分の期待値が1で自分の状況が2なら幸せを感じることができ、期待値が10で現状が2の人は絶望的な気分になるのだ。

これを別の観点から考えると、苦痛やストレスに打ち勝つ強い精神力があれば、状況点を高くできるが、現代人は堪え性がなくなり、苦痛や不快なストレスなどに打たれ弱くなったので状況点が低くなり、幸せ率も低くなってしまう。

別の見方をすれば、幸と不幸は表裏一体で、不幸があるから幸せを感じることができ、幸せを知っているから、不幸を感じられるのだ。

また、生まれつき陽気(プラス思考)な人は幸せになりやすく、陰気(マイナス思考)な人は不幸になりやすい。

例えば子育てを苦役と考えると不幸だし、尊い体験と考えると幸せになるわけだ。

もう1つ、人生に意義がある人は幸せ率が上がり、人生が無意味と思っている人は不幸になりやすい。

例えば、極楽浄土もその一つで、来世の幸せを信じているから苦しい現世を生き抜くことができる。

ちなみに仏教は幸せについて一番考えている宗教で、「我欲をすべて捨てさる」ことが悟りであり、一番心が安らかである。(私は無宗教で無神論者なので誤解のないように)

さて、ではまとめましょう。

人間が幸せになるには

①なんでもポジティブに考え

②強い精神力を持ち

③家族や地域のコミュニティを大事にし

④人生に意義を持ち

⑤健康で

⑥ある程度のお金があって

究極的には我欲を捨てるといいのである。

さぁ、これを実践して君も今日から幸せになろう!

逆説的証明だが、私はとっても幸せで、考えてみたら①~⑥が全部当てはまっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

死ぬな~!

ごぶさたです。

ロミオです。

「忘れた」とか言わないように。

さて、新年度1発目の中間テストですね。

千秋中はまだですが、現在出ているだけでもすごい良い結果が報告されていますよ。

合計400点(平均80点)超えが1年生で37.5%、2年生で50%、3年生も50%で、

450点(平均90点)超えも1年生で16.7%、2年生も16.7%、3年生も16.7%いました。

期末もこの勢いでガンガン上げていきましょう。

さて、話は変わって久々の「サピエンス全史」です。

この忙しいさなかに読破しました。

いや~、これは名著ですね。

お話ししたいことは山ほどありますが、それは皆さんのお楽しみとして、今日は最後のまとめから抜粋したいと思います。

まずは戦争。

私の人生の目標に「この世から戦争をなくす」というのがありますが、目からコンタクトが落ちるほどの衝撃を受けました。

2000年の全世界の死亡者のうち、戦死者が31万人。それに対し、殺人死亡者が52万人。交通死亡者が126万人。自殺者が82万人。

つまり、戦争を止めることも大事だが、犯罪防止や交通事故防止や自殺抑止のほうが世の中を良くする割合としては高いということだ。

また、昔の戦争は、領土や資源略奪が開戦目的だったが、現代の資源は知的財産(つまり人間の脳の中)なので、奪いにくい。

また、核爆弾の威力が強大になりすぎて双方痛み分けという結末が見えるので戦争がしにくい。

さらに、戦争よりも平和時に経済成長(投資や貿易)したほうが幸せになるという考えが広まっている。

つまり、戦争で領土拡大よりも、資本主義経済の方が楽して儲かるという考えだ。

だとすると資本主義も一理あるということか。

一番いいのは「格差なき、資本主義」かな。

というわけで私の人生の目標は「自殺者を減らす」に切り替わりそうです。

そのためには、子供たちと心と体で本気でぶつかって自己肯定感やコミュニケーション能力を高めてやることですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 7日 (日)

距離だけなら日本2周くらいしてるぞ!

ロミオのけったで大冒険第25弾「九州再上陸」から無事帰宅しました。

今回は5日間で308km走破し、14個の城を攻めてきました。

時間軸で個人的感想を書きますね。

4月29日
①福岡城・・・民進党が集会をしていた。
②大野城・・・時間がなかったのでふもとの体育館でスタンプを押して百間石垣だけ見て行こうと思ったが、入り口がわからず、結局頂上の県民の森まで登ってしまった。
③吉野ケ里遺跡・・・駅から走ったら、少しずつリュックのチャックが開いたらしく、遺跡についたら荷物が空っぽ!もと来た道を走って戻ったら、途中の道端にパンツやらシャツが点々を落ちていた。
④佐賀城・・・まず再建された御殿の廊下の長さに驚いた。次に案内されて門に残っていた佐賀の乱のときの弾痕を見て感動した。
4月30日
⑤唐津城・・・名城には入っていないが、岬の上に建った天守が絵になる。藤棚もきれいだった。
⑥名護屋城・・・資料館が立派だった。特に天守や櫓などはなかったが、ここに戦国武将たちが一同に会していたと思うと鳥肌が立つ。
⑦平戸城・・・ここも岬の上に天守があって見晴らしは最高だった。
5月1日
⑧軍艦島・・・6年前の時は天候により出港できなかったが、今回は上陸できて6年越しの夢が叶った。その間世界遺産に登録されたので人がいっぱいだった。
⑨島原城・・・再建天守はピラミッドのようなシンメトリーだった。売店の寒ざらしを食べた。
5月2日
⑩人吉城・・・なかなかしっかりした石垣が残っていた。周りが山なので昔の情景を思い描きやすかった。
⑪飫肥城・・・なかなか趣きのある門や石垣が残っていた。南国果物のような香りのする樹木の花があった。小村寿太郎の墓もあった。
5月3日
⑫大分府内城・・・電車の乗り継ぎの20分間で駅から走ってスタンプ取りに行った。スタンプの位置がわからず焦った。写真を撮るひまもなかった。大学生の時はいつでも写真を撮るチャンスがあったのに。
⑬岡城・・・学生の時(25年前)と違うルートで登らされ、途中で見覚えのある風景と合流した。とにかくここの石垣の高さはすごい!
⑭別府・・・泊まったゲストハウスがぶらタモリのロケ地の真横だったので、同じようにぶらぶらした。
5月4日
⑮大洲城・・・四国に渡る。7年前は遠くから眺めただけだったが今回は中も見た。川に突き出たロケーションで様になってた。
⑯湯築城・・・正直、あまり遺構らしきものはなかったが、歴史館で写真を撮ってもらった。
5月5日
⑰今治城・・・こちらも前回遠くから眺めただけだったが、しっかり中に入ってきた。海に近いので天守からの眺めがよかった。

さて、これで、総合計日数が102日、走破距離が9252km、攻め落とした城が94城となった。
できればこれらをリアルタイムで伝えたいが、スマホ持ってないので、帰宅してから塾のパソコンを使って書いてるところです。

あとは北海道の3城と沖縄の3城となった。
これから1年かけてじっくり計画を立てよう。さあいよいよロミオのけったで大冒険もフィナーレが近づいてきたかな。完全制覇したら褒めて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ | 2017年6月 »