« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月26日 (日)

褒めて伸びる?

先日、ある小学生から「2分の1成人式」という言葉を聞きました。

成人の半分、つまり10歳のお祝いをする行事だそうです。

それでいうと私は先日「4分の9成人式」を迎えたことになります。

で、家内がそのお祝いに自宅トレーニング用のダンベルセットをプレゼントしてくれましたが、お店の人もそんな重たいものをプレゼントラッピングをしたことがなかったらしく、苦労してたそうです。

両手合わせると50kgあり、恐らく世界で一番重たいプレゼントだと思います。

早速、毎日トレーニングに励んでいます。

さて、話は変わりまして、今日は「褒めて伸ばす」のお話です。

先日、「クロ現」で、すぐに会社を辞めてしまう若者をどう食い止めるか、というテーマで番組が進行していました。

なんでも、今の子たちは怒られ慣れていないので、ちょっと叱責しただけですぐに退職してしまい、会社経営にも影響を及ぼしている、のだそうです。

そこで取られた緊急対応策が「新入社員を褒めて育てよう」というものでした。

番組では大小様々な会社の人事部や管理部の役職持ちの人たちが「褒めようセミナー」に参加し、一生懸命講義を聞き、ロープレなどを繰り返していました。

で、それを会社で実践したところ、結果として、退職者の数は減ったが、覚えが遅い、作業効率が悪い、ヘマをしても怒れない、一人前に育てるのに時間がかかる、という様々な弊害が出て来たそうです。

バカか!

あの悪名高き「ゆとり教育」によって、過保護に育った若者たちに企業が合わせる必要などなく、逆に、寺脇研を筆頭に、ゆとり教育を推進した当時の文科省幹部らによって人生を大きく変えられてしまった今の若者たちを今一度叩き直すよいチャンスなのだから、会社はいっぱい叱って社会や世間の厳しさを知らしめるべきでしょう。

私自身の4分の9の人生を振り返ってみても、テストで100点を取っても、地区大会で優勝しても、特に褒められたこともなく、逆にけなされることが多かったですね。(けなす必要はないですが)

また、仮に褒められたとしても、相当努力をして得た結果ならうれしいですが、たいして努力もしていないのに褒められたら気持ち悪く、逆に不信感を抱くと思います。

だから私は子供たちを必要以上に褒めません。

もちろん、その子が相当な努力をしたな、と感じたら一言「よくやった」と言うだけです。

それだけで子どもは感じるのです。

逆にできるのに、手を抜いたり、努力をしようとしない奴は容赦なく叱ります。

それで精神的にも強くなってくれれば、成人して社会に出てもちょっとやそっとのことでへこたれない人間になるでしょう。

というわけでワイズ生たちは勉強だけでなく、こういった精神面も強化しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プレミアム・フライデー!

アホか!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 5日 (日)

新たな天才の共通点を発見!

中3の最後の保護者会が終わりました。

これで今年の受験生たちの志望校が確定しました。

ワイズの子たちはみんな内申を上げてきたので、本番は有利に戦えますが、2人だけ、内申も実力も上の高校を狙う子がいるので、今年はこの2人が奇跡を起こす番です。ここが「日本で恐らく一番合格率(98・85%)が高い」ワイズの腕の見せ所でもありますね。

逆に内申も実力も高いのに高校の地理的距離が遠いと言う理由で、志望校のランクを下げる子も2人います。内申も40近くあり、実力的にも「一宮西」はかたいので、もったいないけど、3年間、雨の日も雪の日も女の子が長距離を自転車で通うのはキツイかな~。

さて、あとは本番に向けて実力を上げるだけです。

今年も全員合格させて、楽しく春の桜を眺めたいですね。

また、結果が出たらここのブログかホームページでお伝えします。

さて、今日はオリンピックに3大会出場し、銀メダルと銅メダルを獲得された藤井拓郎さんのイベントに参加してきました。

なかなかオリンピアンと一緒に泳ぐ機会はないので、とてもよかったです。

いろいろ教えてもらって「なるほどな~」と思ったのですが、これは勉強でも同じだと感じました。

結局、何をすれば速くなるのか、何をすれば頭がよくなるのかはもう答えが出てるんです。

正しい練習をいっぱいする、正しい勉強をいっぱいする、それだけです。

つまり、頭がよくなるか、馬鹿になるかの差は、「我欲に打ち勝って努力をするか、我欲に負けて努力を怠るか」の違いだけなんです。(親からの遺伝子も多少影響しますが)

では今日も1つ「頭がよくなる方法・馬鹿になる方法」をお伝えします。

やるか、やらないかは、お任せします。

これまで、ワイズで見てきたずば抜けて頭のいい子たち(偏差値70を超える)に共通していたことがまた新たに発見されました。

「国旗」です。

頭のいい子は就学前(2~3歳)に世界の国旗を全部覚えていたのです。

しかも、強制ではなく、本人たちが楽しんでの結果です。

逆に馬鹿になる方法もお伝えします。

テレビ(アニメかな?)、ビデオ、DVD、スマホ(ユーキューブ?)を子供に見せたり、ゲーム機を買い与えて、親が子供に手をかけないことです。

正直、私の自宅及び実家にはビデオやDVD、スマホもパソコン(インターネット)もゲームもないので、現代の子供たちがどういう生活をしているのかは、本人たちや面談での親からの口情報から想像するしかなかったのですが、今日の藤井さんのイベントで私がプールで泳いでいる時に、家内が上の観客席に座っていると、多くの親やまたその子供が小さな画面を見ながらずっとその画面を指でなぞってたらしいのです。しかも耳に入ってきた言葉が「ポケモン見たい~」とか「〇〇(恐らくゲームの名称)したい~」とのことでした。

話が反れますが、先日、ある音楽クイズで「誰でも知っていますよ~」という問題で、私の家族が誰一人わからず、答えを聞くと、「スマホの着信音?でした~」ということがあり、私は「誰も知らんわ~!」と突っ込んだのですが、裏を返せば、私の家族以外は皆さんご存知ということなんですよね。

いつも私が言うとおりスマホは「子どもの目と姿勢と頭と社会性が悪くなる、勉強のやる気と時間を食いつぶす、高価なおもちゃ」と思っているので、頭がよい子になってほしいなら絶対に与えてはいけません。

では、なぜ頭のいい子は自ら国旗を覚えたがるかと言うと、周りにスマホやテレビがなかったからです。

子どもは赤や青という原色やわかりやすい記号やシルエット、メロディに反応します。

ポケモンなどのキャラクターがいい例ですね。

だから、馬鹿な子はそういうものにハマるのです。

で、頭のいい子は周りにそういうものがなく、代わりに国旗のポスターでも貼ってあればそっちに興味がいくのです。

あとは、そのキャラクターがしゃべったり、動いたりすればするほど(つまり具体性が高いほど)、想像力が阻害され、馬鹿になります。

頭のいい子は抽象度(具体的でないもの)の高いものを好むので、図鑑を見て想像したり、ブロックを組み立てながら空間図形認識を養っていくのです。

勉強は抽象度の高いものばかりなので、ゲームやテレビや漫画や動画など、完全に受け身に回って、想像の余地が全く与えられないものを子供のうちから見ていると、勉強ができなくなるのは当然なのです。

というわけで、頭のいい子に育てるには、家からテレビとゲームと漫画とスマホとインターネットを排除し、総合デパートやファーストフード店へ行くのをやめて、国旗のポスターと図鑑と辞書と本と将棋と囲碁とブロックパズルを置いて、クラシック音楽をかけて、時々図書館や美術館や博物館に行けばいいんです。

簡単な話です。

あとはそれをやるだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »