« あれから20年 | トップページ | 新たな天才の共通点を発見! »

2017年1月28日 (土)

最後は各人の倫理観に依るしかない

中3の3学期の通知表が出ました。

3学期というのは、1年間の平均であり、また3年生のこの時期はみんなが頑張っているので、普通の努力ではなかなか上がらないのですが、ワイズの子たちはほぼ全員が上げてきました!

強さの秘密を1つ教えますと、ワイズでは毎年、2学期の通知表が出たところで、これまでのテストの得点を顧みて、上がりそうな科目を絞って学年末に臨むという作戦表を本人たちに渡すのですが、これをしっかりと実践した結果ですね。

いや、ほんとよくやったと褒めてやりたいです。

これでだいぶ、高校受験の勝算が見えてきました。

特に驚きはYちゃんです。

昨年のI君の「テストで学年1位、通知表オール5」も驚異的でしたが、今年のYちゃんは2学期から「6」も内申点を上げてきました!

これは私がこれまで21年間で教えてきた約500人の生徒の中で初めてですね。

(3年3学期に限らなければ「12アップ」がワイズの最高記録ですが)

今、彼女の家では志望校の変更で緊急家族会議が開かれています。

今後が楽しみですね。

さて、話は変わりまして、今日は酒井雄哉さんのお話です。

千日回峰行を2度達成した大阿闍梨です。

千日回峰行とは、比叡山に伝わる、恐らく世界で最も過酷な修行です。

そんな難行苦行を満行された方の言葉ですから、いつもより少し襟を正して読みました。

が、私が普段子供たちに伝えていることとすべて同じだったので、自分の教育にまた一つ自身が持てました。

ま、雄哉さんに比べたら、私の修行なんてレジャーみたいなもので、畏れ多いのですが。

例えば、「滅私利他」。

「自分の我欲を捨てて、他人のために尽くしなさい」という意味。

とかく現代は自分勝手が蔓延し、争い事などうまく行かないことが多いが、我欲を捨て、他人の気持ちを理解しようとすれば、世の中いい方向に行くよ、という教えです。

例えば「身口心」。

「体と心のバランスを保ちなさい」という意味。

暴走族みたいに頭で考えず、体ばかり使っててもダメ、オタクみたいに頭ばかり使って、体を使わないのもダメ、頭を使って理性を養い、体を使って経験をし、また考えるというサイクルがよい、という教えです。

すべて、私が日頃子供たちに伝えていることと同じです。

さて、その数ある説法の結論が

「他人を変えることはできないが、自分は変えることができる」というものです。

そんなこと言ったら、教育の放棄やないか、と思われますが、ちょっと違います。

子どもたちに教育も道徳も倫理観もすべて教え諭した上で、でもそれをどうとらえ、何を選択し、実践していくのかは、各個人に依る、ということです。

先日、超自由人のK君が私の目を盗んで、塾の中でカードゲームに興じていました。

もちろん、これまでも事あるごとに彼にはなぜいけないのか説明をしてきましたが、結局は本人が変わる気がなければ変われません。

そして、16歳までに変わらなければ、刑罰が科せられるのです。

裏を返せば、だから私はそれまでにどんな些細な悪さでも、その子の将来のために烈火のごとく怒るのです。

先日の文部科学省の天下り事件がいい例ですね。

監視委員会の目を盗んでの手の込んだ隠ぺい工作。

子どもたちを教え諭すべき教育庁のてっぺんのてっぺんの人たちがこれでは、こどもたちに示しがつきません。

子どもたちに「バレなければ隠れて悪いことしてもいいぞ」と教えているわけですからね。

これぞまさに教育の放棄ですね。

で、もう2度とこのような事件が起きないようにどんな対策をするかというと、監視委員会が正常に機能しているかを監視する委員会を設置するって・・・。

バカ過ぎるやろ。

それで、また大事な国民の税金がそんなくだらんことで消えていくという・・・。

というわけで、私は大阿闍梨雄哉さんと同じく、監視カメラなんてつけません。

悪いことは悪いと伝えて、あとは本人の倫理観に委ねるだけです。

そこには信頼しかありません。

|

« あれから20年 | トップページ | 新たな天才の共通点を発見! »

今日のワイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1049265/69405191

この記事へのトラックバック一覧です: 最後は各人の倫理観に依るしかない:

« あれから20年 | トップページ | 新たな天才の共通点を発見! »