« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月

2016年10月29日 (土)

フォロワー0人ですが何か?

ハロウィンですね。

ワイズでは一足先に「ワイズ&キッズ合同ハロウィンパーティー」を開催しました。

私は意地悪なので、「trick or treat?」と言ってくる子供に「trick!」と言ってペットボトルのキャップなど渡したりしていました。

さて、先ほど「中3入試対策」が終わり、7時からの「ロミホーダイ」まで少し時間が空いたので今日は「アドラー」について書きたいと思います。

最近にわかに話題のフランス人心理学者ですね。

100年以上も前の人が今また注目されるということは、それだけ現代の日本人が対人関係に疲れているのでしょう。

たくさんの著書がありますが、今日は「承認欲求」を取り上げましょう。

人は大なり小なり承認欲求があります。

最近ではSNSなどの普及により、たくさんの人と情報のやり取りができるため、自分がいかに優れた人であるか、すばらしい生活をしているかを熱心に伝え、その反響で自己満足する人が多いようです。

健全な範囲ならいいのですが、度が過ぎると、常に良い自分をアピールし、そのことだけに労力や時間やお金を費やし、必要以上に「いいね」を欲しがり、反応がないと不安に襲われ、それを他人や社会のせいにして、反社会的な行動に出てしまうこともあるそうです。

では、いったいなぜ現代人はこうも承認欲求が強くなったのでしょうか?

ここで教育が絡んできます。

原因は「親の甘やかし」です。

甘やかされて育った子供は、他人が自分に何かくれたり、してくれたり、褒めてくれたりするものと思っています。

もちろん、その子に人から何かされたりするだけの類まれなる思いやりや技能や美貌があればいいのですが、与えられて当然と思っている子が他人に親切にすることはあまり考えられないので、その子が成長し、社会との接点が増えるにしたがって、なぜ人は私に何もしてくれないの?と不満が募ってきます。

そして思い通りにいかない現実に爆発します。

あるいは、この現実(自分という人間が評価されない世界)は間違っているんだととらえ、その世界から逃げ出して家の中に閉じこもります。

この例を見ただけでも幼少期の親の接し方がいかに大事かおわかりでしょう。

最後にアドラーの勧める健全な人間のあり方についてお話しします。

ずばり「共生的感覚」です。

これは、「みんなの幸せが自分の幸せ」という考えです。

つまり、他人のために働くことが自分の幸せにつながるという感覚です。

まず、自分という人間を確認し、自分は他人に何ができるかを考え、それを実行してこの社会での自分の居場所や役割を感じる、ということです。

人は人とのつきあいで傷つくし疲れもするが、幸せもまた、人とのつながりの中でしか感じることができない、ともアドラーは提言しています。

というわけで、ワイズでは子供を必要以上に甘やかさず、その行動に見合う分だけ褒めたり、叱ったりしています。

ぜひご家庭でも今一度接し方を確認してみて下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月24日 (月)

母性と父性のバランス

また、小学生の生徒が増えそうです。

結構いっぱいになってきたので、講師を増やすことを検討しています。

私の目標は、この地域の子供を全員ワイズに入れることなので、目標達成にまた1歩近づいたのでうれしいですね。

ただ、気をつけていただきたいのは、きちんと勉強する意欲を持って入会してもらいたいということです。

現在のワイズ在学中の小学生を見ると、岩倉曽野小、南小、清須の春日小、北名古屋市の五条小、栗島小など、わざわざ遠くから通っていただいてる方の比率が非常に高いのです。

これは何を意味するかというと、この広い尾張地区あまたある学習塾の中で「ここが一番よい」と納得されて通ってくださっているということです。

つまり「近いからここでいいや」ということではないのです。

もちろん、ワイズの良さを知っていただいた上で、なお家から近いというのが最高ですが。

(世界で一番素敵な婚約者がなんと目の前にいた!みたいな)

さて、先日、「第11回ワイズ秋の遠足」に行ってきました。

以前にもお伝えしたとおり、軟弱な子供たちの肉体と精神を鍛えるため、今回も登山をしましたが、ここで面白い出来事があったのでお伝えします。

みんなで元気よく登り始めると、案の定5年生のT君が一人置いていかれ、いつものごとくベソをかき始めました。

そして私もいつものごとく、彼からは見えない所から見守っていると、ある老夫婦が手を貸してくれたようなので、そのまま、頂上へ向かいました。

そして他の子たちは頂上で待つこと1時間、頂上からの眺めも見飽きたので、降りてサッカーがしたいと言い出しました。

私が「じゃあ、先生はT君を探しながら登ってきたルートを引き返すから、お前らは予定通り別ルートで降りてけや」と言って別れました。

するとそこへT君が登場。

「よし、これでみんな揃ったから下山するぞ~」と思ったら、T君と一緒に登ってきた老夫婦がものすごい剣幕で私に怒り始めたのです。

「あなた、それでも引率者なの?かわいそうに!その子がどんなに困っていたかわからないの?それでも責任者なの?ちょっと!どういうつもり?態度がなってない!その子に謝りなさい!・・・」

私は生徒たちや大勢の登山者たちのいる前でさんざん悪者扱いを受けました。

T君が毎回ワイズキャンプやワイズ遠足に参加するのは「うちの子、とても甘いので強くたくましく育てて下さい」という親の希望なのです。

(ちなみに彼の本名はサムライという意味のとても強そうな名前です。)

まぁ、そんな事情話したところで恐らく一度振り回した刀は収まりそうになかったので、私は平身低頭謝り続けました。

向こうも正しいと思っている、こちらも正しいと思っている。

なら争うのは無用だと思ったからです。

私は理不尽なことがあれば相手がヤクザだろうが、国家権力だろうがタンカを切るが、この場合は民事だし私に降りかかってきただけなので、穏便に済ますのが一番と思ったのです。

私は人からよくけんかっ早いと言われますが、根は「超・平和主義者」なんです。

韓信の又くぐりみたいな心境ですね。

でも、これも子どもの教育には大事なことなんです。

私がわが子を谷に突き落とす父性、この夫婦が優しく接する母性。

子育てにはどちらも必要ですが、近年、母性の方が多い気がするので、バランスを取るため、私は少しきつめの父性を演じているのですが、今の人たちにはなかなかわかってもらえないのかな?

ご理解いただける方はぜひワイズにお越しください。

強くたくましく、そして思いやりのある子に育てますから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月23日 (日)

進撃のワイズ生!

電話の前にいましたが「あわれ今年の秋もいぬめり」、ドラフトの連絡がなかったロミオです。

てのは冗談で、私の今年一番の注目選手は「木更津総合の早川」ですが、どこも指名してないということは、進学希望か?この世代のナンバー1ピッチャーだと思うけど。

さて、ドラフトや日本シリーズよりも気になるのが「中間テスト結果」ですね。

予想通り、ワイズ生は抜群によい成績も持ってきましたよ!

3年生では、いつも95点平均で学年2位の超天才E君がなんと初めてワイズの首席を譲りました!まさかこんな日が来るとは!O君が5点の僅差で主席を奪いました!

すごい戦いですね~!またこれからの2人の戦いが面白そうですね。

さらにそのすぐあと、3位争いには社会97点のRちゃん、数学でE君を上回ったMちゃんが平均90~85点で続きます。

そして今回のクリティカルヒットはY君の英語です。英語が大得意なYちゃんやトップに躍り出たO君を抑えて科目別で2位を取りました!

2年生ではYちゃんが前回同様、平均90点超え(数学は97点!)で安定した強さを見せ、さらにRちゃんが社会94点を叩き出してそのあとを追いかけています。

1年生ではT君がまだ全教科出ていませんが、数学で100点、英語で97点を取ってきました!

これは過去、東大や京大に行った子たちに並ぶほどの強さです!将来楽しみですね~!

もちろん、成績が良い子ばかりじゃありません。

今回上がらなかった子(2年生の2名)にはちゃんと理由がありますし、そのことは本人たちにしっかり伝えましたので、あとは自覚の問題ですね。

いくら私たちが世界一すばらしい授業をしても、自学しなければ身につかないからね。

というわけで、次の期末は全員が上がるようにまたガンガン教えるので、ガンガン勉強しましょう!

ちなみに今日は社会人野球の試合の日で、右中間を破る2ベースヒットを打ちました!

あとで家内に「なんでセーフなのに滑り込むの?ユニホーム汚したいの?」と言われました。

「だって、やりたかったんだもん・・・」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月18日 (火)

お前に任せる!

テスト対策が終わりました~!!

昨日まで30人くらいの生徒が入れ替わり来てバッタバタでしたが、今日は静かです。

というわけで、家内と市内の公園へ遠足へ行ってきました。

コスモスが満開でとってもきれいで、ほのかにただようキンモクセイの香り、おいしいお弁当、そして何か違う感情のこもった熱いバドミントンの戦い・・・。

さて、今回のテスト対策ではいつもと違う試みをしました。

対策授業はいつもどおり1.5時間×5教科としっかりやりましたが、それ以外の自主勉強時間の話です。

以前にもスクールカーストの所で書きましたが、クラスの人数が多くなると様々な集団心理が働きます。

生徒は、発言力、周りに合わせる力、おもいやりで、8つのタイプに分かれます。

一番いいのは3つとも兼ね備えた「スーパーリーダー」で、一番やっかいなのがおもいやりだけ持たない「いじめ首謀者」でしたね。

昨年の中3はI君というスーパーリーダーがいたので、とてもまとまりがあり、受験も大成功でしたが、今年は、周りに合わせる力とおもいやりを持つ孤高の天才のE君はいますが、リーダーではありません。

そして若干いじめ首謀者(というか、ワイズでは鬼より怖い私がいるのでいじめではなく、「勉強の雰囲気をブチ壊しそうな奴」)のK君が入ってきたので、勉強の雰囲気が遊びに持っていかれそうになりました。

そこで一計。

K君を呼んで彼にこう言いました。

「今年のキャプテンはお前だ。今年のワイズ受験生の成功はすべてお前にかかっている。しっかりやれよ。」と。

すると、誰が言い出したのか、タイマーを50分にセットし、「よーいスタート!」と言って一斉にみんなが静かに勉強し始めたのです。

そして、テスト最終日まで、とてもよい雰囲気で勉強することができました。

毎年、人数も違えば、生徒一人一人の性格も異なるので、毎回、趣向を変えますが、いずれにせよ、最後の責任は私が負うので、その年のクラスの雰囲気をいち早く察知し、一番成果の上がるクラス作りを常に考えています。

今年はこの作戦で行こうと思います。

テスト結果の報告が今から楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月16日 (日)

成績アップより大切なこと

ついにサスケセットが完成しました!

建築素人のDIYで、紆余曲折し、ようやく思い通りの形になりました。(10級建築士くらいになったかな)。

サーモンラダーと様々なクリフハンガーを組み合わせた傑作です。

子どもたちが喜んでよじ登ってるのを見ると、かさんだ出費と労力が報われますね。

購入した資材も無駄なくすべて使い切ったし。総額10万くらいだったと思うけど、どうだろ?

あんまり高いとジュリエット先生に怒られるので内緒にしときましょう。

さて、話は変わって、先日、「熊本地震と住宅の建築基準について」の番組を見ました。

良質な住宅屋さんでは、購入前に家屋の耐久性をシミュレーションした映像を顧客に見せて、耐久性の重要性をしっかりと伝えた上で、間取りの見直しや予算の見積もりを出すそうです。

しかし、悪質な業者では、建築基準を遵守すると、価格が上がり、間取りも今はやりの広いリビングや天井の高い吹き抜けなどが作れないので、客が敬遠してしまうことを恐れ、基準は二の次で、客の満足度を優先しているそうです。

当然、地震が起これば、命にかかわるとても重要なお話です。

そして、これは「学習塾」にも当てはまります。

この場合、「耐久性=生きる力」、「耐久性のない見栄えのいい間取り=小手先だけの成績アップ」でしょうか。

もちろん、成績アップは塾の使命です。

でも、それだけでは世の中に通用しないのは様々なところで目にします。

頭がよくても、人の気持ちがわからず、弱いものいじめをする子。

有名な大学出身なのに、マナーが守れない人。

成績はトップクラスなのに、あいさつ一つろくにできない子。

ワイズではまず先にこれらの世間を生きるための力(どんな地震でも必ず生き残れる耐久性)を身につけさせ、さらに成績アップ(カッコイイ間取りの家)も叶え、しかも授業料(価格)も適正に抑えてあります。

塾を探すときは目先の成績アップだけにとらわれず、長い人生のスパンで考えていただき、人として正しく、強く生きる力も身につけさせてくれるかどうかも考慮されることを切に願います。

というわけでワイズの子はとても気持ちいい挨拶をして入退室していますよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年10月15日 (土)

なんとりっぱなワイズ生!

気付けば、朝夕涼しくなり、とても気持ちいい季節になりました。

庭先のコキアは色づき、食卓に秋刀魚が乗り、田んぼの稲穂は黄金色、空は高く、月のさやけさ。

さて、ありがたいことにワイズの生徒が徐々に増えて忙しくも楽しい毎日を送っています。

読んでいただければわかりますが、以前は結構世の中や子供たちや親御さんたちに対しても、このブログの中でいろいろ改善点を指摘することが多かったのですが、最近はこのブログを読んでいただき、私の教育論に共感していただいた方が入会されるというケースが増えたので、生徒の質もよく、成績の比較的よい子が増え、授業中もそれ以外でも塾全体がとてもよい雰囲気になっていて、なんだかブログを書く手もおだやか~な感じになりそうです。

今、中間テスト勉強真っただ中ですが、生徒たちは各学年毎に5つの教室に分かれ、鉛筆の走る音だけが聞こえるという、最高の雰囲気で勉強しています。

今からテストの結果が楽しみで仕方ないですね。

何度も言いますが、ワイズ入会の条件はただ一つ「勉強がしたい」という気持ちだけです。

それがない人は「土日の補習(ロミホーダイ)に必ず出席する」という条件でも入れます。

が、これには誘惑に弱い子やわがままを言うわが子に対して、親が心を鬼にして往復ビンタして首に縄をつけて引きずってでも来させる覚悟が必要ですので、なかなか難しいですよ。

実際に辞めた(というかこちらが辞めさせた)子も何人もいますし、逆に往復ビンタされて鼻血を出しながら来る子も2人在籍しています。

よっぽど、生まれた頃から甘やかして育った子じゃなければ、普通に楽しい、そして成績も上がって、とても居心地のよい、日本一の塾なんですけどね。

さて、受験生たちが明日も朝7時から来て自主勉強したいと言ってるので、こちらも全力でサポートしたいと思います。

今日もとても充実した一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »