« プラス言葉 | トップページ | なんとりっぱなワイズ生! »

2016年9月27日 (火)

あなたのいいところは・・・

先日、毎年参加している全国規模のマスターズ水泳大会に出場してきました。

マスターズ大会とは、現役オリンピック選手以外は誰でも出場できるもので、いわば「素人日本一決定戦」みたいなものです。

とはいえ、元オリンピアンを含め、全国から何千人もの人が集まるので、日頃から相当練習を積まないと優勝はおろかメダルも入賞も厳しいレベルの大会です。

日本一になったら卒業するつもりでいたが、気づけば11年連続2位です。

まぁそのおかげで毎日トレーニングをして、カッコイイ体と病気をしない健康が維持できてるんですが。

リレー種目では優勝してるので、ワイズには金・銀・銅のメダルや表彰状や盾などがいっぱい飾ってあります。

いずれにせよ、どんな競技や分野でも、日本一になることはすごいことなんだと、人生をもって感じているので、そんな人には心から尊敬する気持ちになります。

さて、期を同じくして、学校では運動会が行なわれました。

生徒たちに聞くと、1位の子もいればビリの子もいたようで、得意不得意はそれぞれあるので、負けた子は他の分野で活躍すればいいと思うのですが、よく聞いてみると昔とどうも運動会の種目が違うようなのです。

明らかに「個人種目」が少ないのです。

私が学生の頃(30~40年前)は全員が何らかの個人種目に出場してたのが、今は個人種目がほとんどなく、リレー種目、しかもそのリレー自体も少ないようなのです。

それでは運動会が成立しません。

では他にどんな競技があるかというと、玉ころがしや玉入れ、棒引きや綱引きなどの「団体競技」です。

もちろん私は団体競技を否定はしません。

問題はバランスです。

団体競技は1つで十分で、あとは個人種目を増やした方が個人の活躍の場が増え、自信や自己肯定感を身につけさせる絶好のチャンスが増えます。切磋琢磨して敗れた子は優勝した子を素直に讃えることができ、次こそは!と努力するきっかけになり、人間形成の面から言ってもいいことばかりです。

なのになぜ個人競技を減らすのか?

このことを学校に聞いてみると、クレーマーが関係していることがわかりました。

簡潔に言うと、「個人競技は個人の責任に帰結しやすく、バッシングの対象になりやすいのでやめさせろ」という言い分だそうです。

わかりやすく言えば、「うちの子、運動できないのに徒競走なんかさせたら絶対ドベになるに決まってるじゃない!そんなことさせたらかっこ悪いし、本人は落ち込むし、周りから何言われるかわからないし、それがきっかけでいじめにつながったらどう責任取るつもり?」、てことでしょう。

典型的なダメ人間の発想ですね。

こういう人は普段から人のアラばかり探してるので、自分がそういう立場になっていろいろ攻撃されることが怖いのでしょう。

だったら、勝てるように走りこんだり、努力すればいいのにそれは面倒だからしない。

だったら、ここは素直に優勝者を褒めて、自分は運動以外の分野で活躍すればいいのにそれもしない。

ただただ、人の弱みを一生懸命探し、自分より劣る人を攻撃し、自分の体裁や生ぬるい優越感を保つことに躍起になってる人たち。

というわけで、ワイズではそんなダメ人間にならないよう、個人種目だけの「ワイズオリンピック」を毎日開催しています。

競技は、「50m走」、「ジップ1周走」、「縄跳び」、「水泳」、「100マス計算」、「将棋」などたくさんあります。

ぜひ、参加して下さい。

ちなみにワイズには簡単なクレーマー対策としていい方法があります。

「よいところを見つけよう大作戦」です。

これは、自分の身近な人のよいところをたくさん挙げるというものです。

たくさん言えた人が勝ちです。

これをみんなでやるととても気分がよくなりますよ!

ぜひ家でも実践してみて下さい。

|

« プラス言葉 | トップページ | なんとりっぱなワイズ生! »

今日のワイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1049265/67688053

この記事へのトラックバック一覧です: あなたのいいところは・・・:

« プラス言葉 | トップページ | なんとりっぱなワイズ生! »