« ただ人のために | トップページ | 本>お金 »

2016年5月31日 (火)

個別塾のリスク

先日、社会人野球チームの人からこんなことを言われました。

「卒業してからも生徒たちが塾に来たり、先生と交流があるってすごいですね。僕が通ってた塾に卒業してから顔を出すなんて考えられないですよ。」

同じようなことを他の人からもよく言われます。

今日はこれについて考えてみましょう。

私の基本的な信条としては、馴れ合いは好きじゃないので、授業中など生徒と接するときは教えることに集中し、例えば生徒が「先生~、今日学校でね~」なんて話は一切聞かず、どちらかと言えば一定の距離を保ち、先生と生徒という立場をわきまえるという、割とクールなスタンスをとっています。

これが最近流行りの「個別塾」だと、まず生徒との信頼関係(偽物ですが)を築こうと、子供におもねり、子供のくだらないおしゃべりに付き合い、高い授業料の貴重な学習時間を無駄にし、「成績が思わしく上がらないので授業のコマ数を増やしましょう」と言って、お金を巻き上げるというあくどいことをしています。

でも子供は、先生が話を聞いてくれて、居心地がよいので、「もっと授業したい」と言い、親も「まぁ、あんなに勉強嫌いだった子が、勉強したいって言ってるから、出費は痛いけどまぁいいか」ということになります。

また、もう一つのリスクとしては、異性の先生生徒(男性講師と女子生徒がほとんど)の関係性が挙げられます。

これもよくある話で、講師が生徒の相談に乗るという口実で連絡(もちろん親の管理下にない、スマホなどのメールを介して)を取り合い、条例などに触法するようなことになるケースです。

私個人としては、やましい心がなく、生徒が本来1番の相談相手である親のことで本当に困っているなら、手を差し伸べてあげたいが、このご時世、何を詮索されるかわからないので、念には念を入れて、女子生徒の個人的な(ラインなどの)連絡先はいっさい聞かないし、登録もしていません。

それでも、塾や私を慕って、遊びに来てくれる子を、むげに突き返すのはさすがに非常識なので、談笑くらいはしますけど。

というわけで、女子には距離を置いてますが、男子とはよく、自転車やサスケや野球や恋愛相談などで遠慮なくガンガン付き合ってるので、卒業してからも普通に顔を出してくれるのでしょう。

基本的に人間が好きですし、せっかく出会ったんだから、塾だけの関係じゃ味気ないし、せっかく全力注いで教えたんだから、その後の人生も見てみたいですからね。

というわけで、ワイズは卒業してからも、生徒がいっぱい顔を出してくれる素敵な塾であり続けますよ。

|

« ただ人のために | トップページ | 本>お金 »

今日のワイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1049265/65771811

この記事へのトラックバック一覧です: 個別塾のリスク:

« ただ人のために | トップページ | 本>お金 »