« 人生に迷う前に | トップページ | しくじってからでは遅いんだよ! »

2016年2月 6日 (土)

世界一のなまはげ王に俺はなる!

私立受験が終わりました!

今の所、合格率100%です!さすがワイズ生!今年も全員合格で行きましょう!

さて、先日、小学生がこんなことを言ってました。

「ロミオ先生は怒ると怖いけど、面白い」と。

普段、他人の評価なんて気にもしないので、保護者や生徒たちからどう思われてるのか知りませんでしたが、こんな最高評価されてたと知ってとてもうれしかったです。

そう。

「怖いけど、面白い」

これが私の目指す理想の教師像なんです。

「楽しい先生」じゃダメなんです。

それは威厳がなく、生徒と対等な友達関係になってしまうからです。

以前にも書きましたが、先生がこれでは子どもが不安になり、精神的に大人になれません。

丹陽中学にもいるらしいですよ。子どもたちのノリに合わせる学生気分の抜けない教師が。

今、学校現場や塾講師にもこのタイプは増えてますが、これでは子どもたちは楽しいかもしれませんが、いざ、問題が起こったときに、うまく子どもたちをまとめることができず、クラスが崩壊する恐れがあります。

教師は嫌われてナンボです。

子どもに嫌われたくないからと、叱るべき時に叱らないのはダメ教師です。

それなら子どもに嫌われてでも小言を言う(G君の担任のU字君みたいな)先生のほうがマシです。

でも、それではやはり人間関係の教育という観点からすると下手ですよね。

だから理想の教師というのは、筋目を通し、子どもが間違ったことをしたら毅然とした態度で叱るが、いつも子どもたちをさりげなく気にかけ、普段は率先して人生を楽しむ人。

そうすることで、子どもは、先生を規範とし、道を誤ることなく、安心して自分の人生を歩むことができるのです。

そして、そんな先生を見て、子どもたちはこう評するのです。

「先生は怒ると怖いけど、面白い」と。

ま、子どもたちが悪いことしなければ、怒る必要はないけど、最近ちゃんと怒る大人が少ないからか、私がおこりんぼ担当大臣になってる気がします。

というわけで、これからもロミオ先生はロミオ先生であり続けるのでよろしく!

|

« 人生に迷う前に | トップページ | しくじってからでは遅いんだよ! »

今日のワイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1049265/63822859

この記事へのトラックバック一覧です: 世界一のなまはげ王に俺はなる!:

« 人生に迷う前に | トップページ | しくじってからでは遅いんだよ! »