« 今年も起こすぜ!ワイズミラクル! | トップページ | 世界一のなまはげ王に俺はなる! »

2015年12月27日 (日)

人生に迷う前に

年の瀬が迫ってきました。

年賀状書きや餅つき、大掃除など手際よくこなしたので、今年もなんとか年が越せそうです。

さて、先日、卒業生のY君がワイズに顔を出してくれました。

今年から保育士として市内の保育園で働いていますが、女性だらけの職場の人間関係になじめず、続けようかどうか相談に来た、とのことでした。

本人は「子どもも好きだし教えることも好きで仕事自体はやりがいがあるけど、それだけではダメかなぁ」と。

周りの人は「この就職難のご時勢だし、公務員なんだから続けや~」と言うそうです。

前回のデビル倉橋君のときもそうでしたが、結構モラトリアムの時期にいろんなことにチャレンジすることって必要なんだなぁ、と相談に乗って思いましたね。

私も学生時代、特になりたいものもなく、なんとなく高校へ行き、なんとなく大学へ進学し、なんとなく大企業へ就職し、漠然と日々を過ごしていました。

しかし、阪神大震災の救助に行った翌日、上司に咎められたのを期に生き方を考えようと思い、辞職。すぐにリュック1つ持って世界に飛び出しました。

そこで様々な知識と、貴重でエキサイティングな経験を得、自分のアビリティと特性を思い知り、この世に生まれて本当にやりたいこと、この世界に遺したいものに気づいたところで、すぐに帰国し、この「教育」という仕事に就きました。

このとき質問されて初めて気づいたことがありました。

「辞職にためらいはなかったんですか?再就職への不安とか」

「ん?全然なかったなぁ。それより困ってる人に手を差し伸べて怒られる社会が正しいかどうか知りたかったし、その時はこの会社にはおられんと思っただけやな。」

「なぜ旅なんですか?期間は?目的地は?」

「ないない。な~んも考えてない。ただ自分の知らない世界に身を投げ出したかっただけや。目的は場所じゃない。自分の心を見つめることや。だから1日かも知らんし、10年かも知らん。とにかく心の赴くままや。ドイツの駅でストリートミュージックを聞いたり、イタリアのピザ屋でバイトしたり、カンボジアで地雷撤去したり、スペインでガウディやピカソの絵を眺めたり、インドの河で泳いだり、タイの寺で瞑想したり。」

自分が納得するまで考え抜き、辿り着いた結論だからこそ、今もこうして人生に迷うことなく、信念が揺らぐこともなく、自信と誇りを持って仕事に打ち込める、と思います。

こういった経験を学生時代にしておくといいと切に思いました。

最後に「先生に相談に来たのは、先生なら絶対『辞めろ』と背中を押してくれると思ったからです。」と言われました。

確かに!

|

« 今年も起こすぜ!ワイズミラクル! | トップページ | 世界一のなまはげ王に俺はなる! »

今日のワイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1049265/63179220

この記事へのトラックバック一覧です: 人生に迷う前に:

« 今年も起こすぜ!ワイズミラクル! | トップページ | 世界一のなまはげ王に俺はなる! »