« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月31日 (土)

成績上昇の一考察

26日未明に水星と金星と火星と木星が並ぶという天体ショーがありましたがご覧になりましたか?

星を眺めるのが大好きなロミオです。

先日、小学生のSちゃんの口からついに「なんで勉強しなくちゃいけないの?」発言が飛び出しました。

これは「勉強の楽しさ<勉強の強制」が成り立ったときに出てくる台詞です。

私の答えは、その子の精神年齢や理解度を考慮して言葉を選びますが、大筋「人生が楽しくなるからだよ」と答えます。

天体観測がいい例ですね。

別にしなくても生きていけるけど、知ってると人生が豊かになる、みたいな。

もちろん、義務教育で履修するくらいの内容は知っていないと、そもそも最低限の生活を営むことが困難になりますが。

さて、ワイズのホームページにも書きましたが、今回は「なぜ、成績が思うように上がらないのか?その原因と対処法について」です。

ワイズのほとんどの子たちは成績が上がるのですが、中にはなかなか上がらない子、下がってしまう子もいます。

なぜか?

結論から言うと「たいていその子の才能と努力(精神力)不足」です。

学習塾なのに子どものせいにするのか?と思われるかもしれませんが根拠があります。

ワイズでは実際にたくさんの子の成績を上げてきましたし、国内トップレベルの東大生や京大生も出しているからです。

では、教え方がうちの子に合ってないんじゃないか?集団授業ではなく個別形式で教えれば少しは上がるのではないか?と思われるかも知れませんが、これも間違いです。

ワイズはもともと集団といっても学校や大手塾のような20人30人クラスではなく、5~6名です。また、通常授業の他に、居残り補習や、土日補習、テスト直前特別授業、夏期講習に入試対策授業まで、すべて無料でこれだけの時間かけて教えていますし、補習は完全マンツーマン指導でわかるまで教えているからです。

これだけやって成果が出ない(正確には出てるからこの成績に踏みとどまっている)ならどこに行ってもこれ以上の成果は望めません。つまりワイズが最良の塾であり、最後の砦でもあるわけです。

では、どうすればよいのか?

もうこれは「勉強する」しかありません。

だから、ワイズでは休日返上で無償で補習を組んでいるのです。

ついでにお伝えすると、「やる気のスイッチ」なんてありません。

そんなものは、「好きな子と同じ高校に入りたい」とか、「親が不治の病に罹りそれを治すために医者になる」など、よっぽど切羽詰った理由がない限り、人間なんて変われません。

勉強をやってる子はどっかでスイッチが入ったというより、それがその子の普段であり、つまりみんな現在の状態でもうすでにスイッチが入ってるんです。

自分の人生を振り返ってください。どこかで大きくスイッチが入るような大転換期はありましたか?

え?じゃあうちの子ずっとこのままなの?と心配になることでしょう。

発想が逆なんです。

本来子どもはどの子もやる気を持っています。

それを周りの環境(特に親の言動)が阻害しているのです。

解決策は大きく2つあります。

1.自己肯定感をつけさせる

2.自己管理能力をつけさせる

です。

1については、「またこんな点取って」「○○君と比べてあなたは」みたいな言葉ですね。

あきらかに親が端から「うちの子はできないな~」と思ってる言葉ですよね。

確かに平均点以下ならできないように見えるかもしれませんが、テストみたいにあからさまに順位や点数がつくものに対して手を抜く子はあまりいません。

つまりみんなその子なりに頑張っての結果なんです。

それに対して、親から「なんであなたはできないの?」というオーラが出ていたら、勉強が嫌いになるでしょう。

まずは親が「うちの子はできる!」と心の底から信じてあげる、ここから始まります。

2については「勉強しなさい」「いつまでだらだらしてんの」みたいな言葉です。

これはなんでも親がしてあげた結果です。

炊事、洗濯、掃除、お使い、家計簿、恐らくすべてお母様(というか機械)がされてきたと思います。

え?そんなこと子どもにさせたら危ないし、時間がかかるし、手間が増えるし、何より勉強時間がなくなるじゃないの?と思われますか?

家事をすることで子どもは自分ですることを覚え、効率化を考える力が育ち、親のありがたさがわかり、家族の一員だという心が芽生え、人の役に立つことを覚え、時間が貴重だということを知り、自己管理能力が身につくのです。

つまり、自分のことは自分でする。自分で計画して計画通りそれを実行する力が身につくのです。

ちなみに東大生のほとんどの子が小さい頃からいろんな家事をこなしてきたというデータもあります。

ですから、まずは本人に普段の計画を立てさせて、それを実行するようにしてください。

結論、テストも受験も勉強も親が代わりにすることができません。(意外に親がやってみると面白いかも知れませんが)当たり前の事実ですが、あくまでやるのは本人なのです。

最後に。

成績を上げるにはスイッチも魔法もありません。

ただただ勉強するだけです。

だからワイズは補習をばんばん行うのですが、それが嫌でお母さんに泣きついて辞めた子が過去10年で数名いましたが、その後他の塾に行って成績が上がったという話は聞いたことがありません(下がったという話はよく聞きました)。

逆にワイズの勉強を続けた子は全員志望校に合格しました。

私たちは子供たちを信じて信じて信じ抜いて、お前は絶対できる、絶対に合格できるから頑張れ、勉強ならいくらでも教えてやる!と思いながらいつも接しています。

ですから、子供が泣こうがわめこうが心を鬼にして、ワイズに連れてきて下さい。

親の理想の目標に到達するかしないかはわかりませんが、その子にとって一番努力した、持てる力を全て出し切った結果を必ず引き出しますから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月28日 (水)

ブラックと言う前に自分を鍛えろ!

ブラックついでにいうと、最近は「ブラック部活」という記事も目にしました。

なんでも過酷な練習をさせられ、理不尽な扱いを受けるとか。

でも、この記事を読んでいても、どちらかというと部活側の肩を持ちたくなりますね。

高額なお金で有名な私立強豪校に入れたのに、練習だけきつくて、試合に出してもらえないと文句を言うみたいな。

そもそも高額でもなんでも、入れたのはあなただし、試合に出れないのは実力不足でしょう。

前回のブラック企業やブラックバイトと同じく、甘えてるだけですね。

私の学生時代の部活なんか、よくど突かれていましたし、文字通り死ぬほど練習がきつかったのですが、おかげで全国大会に出場できるくらいの実力がついたし、礼儀も根性も精神力も度胸も身についたし、40過ぎても病気ひとつしない丈夫な体にもなったので、ありがたいですね。

ちなみにチームロミオのメンバーで私よりマッチョな倉冨氏の学生生活はもっとすごくて、フルマラソン大会は当たり前で、100kmのウルトラマラソンが恒例行事だったそうです。そのおかげで40超えた現在でも余裕でフルマラソンを走っていますよ。

とにかく、今の子たちは自分の生ぬるさを棚に上げて自分以外のせいにする悪い癖がついてる気がするので、私の目が届く範囲の子たちだけでも根性を叩きなおしてあげたいなあと考えております。生ぬる~い部活に入ってる子とかは特にね。ふっふっふ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

仕事があるならありがたい

最近のニュースを見ていると、「ブラック企業」「ブラックバイト」のような、ブラック○○みたいな記事を見かけます。

もちろん、これも度がありますが、私は古い人間か、賛成派です。

そもそも、企業が大きいほど、あるいは成長しているほど、利益は上げねばならず、それはつまり、社員の過酷な労働に押し付けられます。

でも、それにより、給料がもらえ、安定した生活が保障されるのであれば、黙って飲むべきだと思いますし、嫌なら自分が会社の利益を大きく増やすほどの活躍をするか、やめればいいんです。実際に私は辞めましたから。

これは私の実体験なのではっきりと言いますが、大手の塾で働いていた時、未経験の私にたいした研修もなく、いきなり100人教室の副塾長として、小学生各学年の国語と社会とさらに私立受験コースの国語と社会と中学生全学年の英語と社会、さらに個別コースのコマを割り当てられ、子どもたちに迷惑をかけちゃいけないという責任感だけで、毎日の授業の予習、プリント作成、テストの採点から、掃除や親との面談などの授業以外の諸業務をこなし、仕事が朝の8時に終わって、帰宅途中居眠りしそうになり、駐車して車で1時間寝たら、もう次の日の出勤時間で朝10時に本部に行き、教室に行くと、子どもたちに「先生~、昨日と同じネクタイ~」と言われる生活を1年間続け、身体的にもきついし、当時付き合っていた女性とも仲が悪くなったので辞めましたが、でも「ブラック企業」とは今でも思いません。それが働くこと、お金を稼ぐということだからです。

でも、最近は少し待遇が悪いだけですぐ悪者にされるのは、みんな考えが甘いか、精神が弱い気がします。

どの仕事についても生易しい仕事なんてありません。

ちなみにワイズはどの先生も熱心に頑張って働いてくれていますし、働きやすくやりがいのある職場だと私は思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そもそも難民問題をここで話して誰が読むんだ?

結局、集団的自衛権関連法案が通ってしまい、自分の無力さを感じていましたが、黙ってても仕方がないので、まずは目の前の子どもたちを一生懸命教え、自ら正しい姿を見せ、人として間違ったことは厳しく正す、そんな日常を過ごそうと思います。

さて、ようやく少し時間が取れたので、徒然なるままに心に移りゆくよしなし事を書きつくろうと思いますが、あやしゅうこそものぐるほしけれな文章になると思うので、ご了承の上、ご覧下さい。

まずは、「難民問題」かな。

塾の先生なら「成績の上げ方」とか「得点アップの秘訣」とか教えてよ、と思われるかも知れませんが、その答えはすでに明確であり、ワイズで日々実践しておりますので、知りたい方はワイズにお越し下さい。

さて先日、私の好きな番組「クローズアップ○○」でシリア難民問題を取り上げていましたが、ドイツは受け入れ推進だの、ハンガリーは反対だの、そして、日本はどうあるべきか、だの話していました。

もちろん、今、起こってしまっている難民問題の解決は急を要するし、世界中の人や国で力を合わせて少しでも難民の人たちの基本的人権が守られる社会であるべきだと思います。

が、論点はそこではなく、そもそもなぜ難民が発生してしまうのか、その防止策を考えるべきだろう、と一人で画面に突っ込んでいました。

簡単な結論から言えば、政府と反政府を後ろで支援し、自分たちの利益拡大を狙うアメリカとロシアが元凶であることは明白です。(だから私はこの2カ国が大嫌いなんです。)

話は変わりますが、最近の風潮(特にネット上)では、こういう政治的発言や個人の過激(?)な発言に対して、不特定多数の人が批判をするということが多々発生しているらしいのですが、私の発言は正論で批判する所がないのか、過激ではないのか、興味を持たれないのか、そもそも読まれていないのか、全く平和です。

ついでに、そのあたりのことも話しておくと、最近はネット上に限らず、日常においても、些細なことになんくせをつけたり、文句を言っておおごとにして、トップが謝罪したり、注意書きのテロップを入れたり、組体操がなくなったり、公園の器具がつまらなくなったりする風潮も大嫌いです。

もちろん、明らかな非がある場合は自主回収など当然だが、最近は顧客や消費者に気に入られよう、イメージが大事だということで、ものすごく過敏になり、信念や気骨みたいな日本古来の美徳が完全に失われている気がします。

私もサービス業の一経営者ではありますが、信念は命より大事だと思っているので、そんな簡単に曲がるわけがありません。かっちんかっちんです。

だから、炎上上等!みんなまとめてかかってこい!と楽しみにしていますが、残念ながら全く火の手が上がりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »