« だ~か~ら~!不要なんだって! | トップページ | 現代病 »

2015年6月 3日 (水)

夢を叶える方法

さて、お待たせしました。

ワイズホームページでも少し触れましたが、今回は医師免許を取得したワイズ卒業生W君の特集です。

中学・高校のテストで毎回ドベを争っていた彼が、如何にして国内において最も難しいといわれる国家試験に合格するまでに至ったかをお伝えします。

現在、お子さんをお持ちで、その子が自ら夢を掲げ、その夢を叶える強い人間になって欲しい、とお考えの方はよくお読み下さい。

結論から言ってしまえば、私が普段から口にし、このブログやワイズの入会案内に書いてある教育方法となんら変わらず、答えはいたってシンプルです。

つまり、そのシンプルなことが実践できるかできないかということです。

では、まず彼がワイズで何を学び、どんな人格形成をしていったのか、お伝えしましょう。

彼がワイズに来たのは中学1年生の時でした。

しかし、勉強には関心がなく、友達とただワイワイさわぐことが好きな子でした。

ただ、すごかったのは「やり遂げる強さ」で、通信型のゲーム(太鼓の達人)にハマって全国で1位になるほどでした。(つまり太鼓の達人の達人ですね)

ある日、授業中に彼の携帯電話が鳴ったので、私は「貸せ」と言って彼のケータイを取り上げ、その場で半分にへし折って壁に思いっきり叩きつけたことがありました。

そんな彼も中3になって、みんなと高校進学したいと言ってきましたが、学力が全然伴いません。

そこで私は「ドベレンジャー」を結成しました。

これは以前にも書きましたが、夏休みの期間中、毎日朝8時から夜10時までずっと勉強するというワイズ名物「地獄の勉強会」です。

この「ケータイ破壊事件」と「ドベレンジャー勉強会」が彼の医師免許合格につながっていると彼は言うのです。

彼が国家試験の勉強をする時や学校での講義受講の際は必ずケータイを先生や家族に預けてから勉強していたそうです。

彼曰く、少しでも誘惑に駆られそうなものが身近にあると勉強に集中できないから、だそうです。

そして、国家試験の勉強はとてもしんどかったけど、ドベレンジャーをやり遂げた自分なら絶対できる!という強い信念で乗り越えたのだそうです。

私の正直な感想を言えば、このドベレンジャーは当時、時間の割りに成績が少ししか伸びなかったので効率悪いな~、と思ったのですが、それ以外のところで彼の人生のとても大きな財産になっていたと考えると、精神論(根性論)になりますが、結構大事なことなんだ、とあらためて思いました。

もちろん、今でも要望があればやりますが、今の子で、この過酷な勉強会を最後までやり遂げる根性のある子がいるかどうか、ですね。

さて、まとめましょう。

夢を叶えるためには

①一度決めたら絶対最後までやり通す継続力(精神力)。

②勉強に不必要な物は身の回りから排除する。

非常にシンプルですね。

たったこれだけで夢が叶うすばらしい人生が手に入るのですが、どうですか?

できますか?

彼は何度もお礼と感謝の気持ちを口にしましたが、私は正直、当たり前に接しただけで、ほとんどが彼自身の努力であり、逆にそんな生徒がワイズから出たことを誇りに思うし、とてもうれしく思いました。

「日本で一番素敵な塾を作ろう!」と考えてワイズを開校したのが10年前。

そしてこれまで「日本で一番熱心にそして正しく子どもたちを指導してきた」自負はあるものの、生活は常に苦しく、家内や家族に迷惑をかけ続けて、時に心が折れかかることもあります。

しかし、今回の彼を含め、卒業生たちがきちんと自立し、社会の役に立つ人間に育っているのを見ると、私のしていることが間違っていないという自信になり、さらに私自身の夢に向かってもっともっと頑張ろう!という勇気になります。

私もこのシンプルな答えを実践し続けて必ず夢を叶えます。

|

« だ~か~ら~!不要なんだって! | トップページ | 現代病 »

今日のワイズ」カテゴリの記事

コメント

ドベレンジャーことドリカムンジャーの一員が、本当に夢を叶えたんですね。
ネーミングも、まんざら適当でもなかったってことですねhappy01

投稿: トラ次郎とクロ之助 | 2015年6月 4日 (木) 16時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1049265/60239361

この記事へのトラックバック一覧です: 夢を叶える方法:

« だ~か~ら~!不要なんだって! | トップページ | 現代病 »