« 現代病 | トップページ | ここが俺の出番だぜ! »

2015年6月26日 (金)

夢を叶える方法2

期末テストが終わりました。(高校生はまだだけど)。

今回もやれることはすべてやったので、清々しい気持ちであとは生徒たちの結果を待つだけです。

さて、今回は、前にも書きましたが、医者になったワイズ卒業生のW君について書きたいと思います。

夢を叶えたい人は、ぜひ参考にして下さい。

前回のおさらいをすると、夢を叶えるには

①努力の継続

②誘惑に勝つ

でしたね。

今回は、「ゲーマーで勉強嫌いだった彼が、いかにして勉強モードのスイッチが入ったか?」をお伝えします。

気になりますよね?

それにはまず、彼の簡単な学歴を紹介する必要があります。

彼がワイズに来たのが中学1年の時。

しかし、勉強しないで、ずっとゲームばかりしてたので、成績はかなり下のほう。

高校進学は無理と思われていたが、受けた工業高校がたまたま定員割れをして合格。

しかし、相変わらず勉強には向かず、ゲームと部活(陸上の短距離)三昧の日々でついに留年までしてしまう。

その後、生徒会長になって、学校の改革に乗り出す。

そのことを面接試験で話して、医療系専門学校に合格。

しかし、周りは一宮高校や時習館高校などレベルの高い高校出身者ばかりで、授業が始まると、彼が見てきた小・中・高校と違い、他の子たちの真剣な授業態度に驚く。

また、隣の席の子がたまたま西春高校出身の超頭のいい子で、仲良くなったら勉強を熱心に教えてくれるようになり、それを無駄にしちゃ悪いなぁ、と思って耳を傾けるようになる。

さらに、かつての同級生たちから、「工業高校でしかも留年」とバカにされることが嫌で、絶対に見返してやる、と必死に勉強する気になったという。

さて、ここまで振りかえって、スイッチが入るきっかけは何だったと思いますか?

バカにされたこと?

周りが優等生ばかりのよい環境に恵まれたこと?

その専門学校に入ったこと?

もちろん、それもありますが、私は「すべて自分で選び、その結果をしっかり味わってきた」ことだと思います。

前回にも書きましたが、彼は中学・高校のとき、それこそ学校行くのも寝る間も惜しんでゲームをし、全国チャンピオンになりました。

そして、その喜びと同時に虚無感も感じたのでしょう。

これが自分の将来の何の役に立つのかと。

ゲームの世界で勝っても、現実の世界で負けてちゃ意味がないと。

自分で選んで納得するまでやってきたから気づけたのでしょう。

そして、生徒会長就任から彼の勝ち人生が始まったのだと思います。

彼は自信に満ちた顔で言ってくれました。

「人生はRPGで、自分はその主人公。頑張れば何でもできるし、何にでもなれる」と。

まとめましょう。

やる気のスイッチのこれといった押し方はありません。

本人が真剣に自分の将来を考える日まで、やりたいように選ばせ、良くも悪くも自分の行いすべてが自分に返ってくるという経験を繰り返し、親は小言を言いつつも、長い目で(我慢して?)見守り続けるしかないのです。

逆に親の言うとおりに生きている子は危ないですよ。

順調なときはいいですが、うまくいかなくなったときに親のせいにしてキレますから。

ちなみに、そんな彼のラスボス(人生最大の目標)は学会発表で、医学会に名前を遺すこと。

裏のラスボスが世界一かっこいい車を手に入れることだそうです。

|

« 現代病 | トップページ | ここが俺の出番だぜ! »

今日のワイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1049265/60522500

この記事へのトラックバック一覧です: 夢を叶える方法2:

« 現代病 | トップページ | ここが俺の出番だぜ! »