« だからスマホを捨てろ! | トップページ | 夢を叶える方法 »

2015年5月16日 (土)

だ~か~ら~!不要なんだって!

とってもよい天気が続いて気持ちいいですね。

今日は高校2年のM君、A君、T君、そしてH君がテスト勉強にやってきました。

私の影響なのか、かっこいいロードバイク風のマシンを買って乗ってきました。

なんか最近ロードバイクが流行ってるのかな?

いずれにしてもいいことです。

さて、今日は「電子教材」についてです。

先日、NHKで「小中学校にタブレット教材導入」というニュースを見ました。

今、はやりのタブレット端末を子供たちに支給して授業を行なうというもので、コメンテーターが、「これなら、従来の紙の教科書やノートと違って何回も線が消せるので安心して線を引くことができて便利です」と、そのメリットを説明していました。

「文科省は本気か?」と私は思いました。

「ゆとり教育」といい、なんでこんなバカなことを国策として行なうのか?理解できません。

教育は「国家百年の計」であるのに、本気で日本を滅ぼす気か?と思い、早速、下村大臣に電話しましたが、またも取り合ってくれませんでした。

例えば、「電子辞書」。

これが普及することで昔より、日本人の英語レベルが上がったか、というと紙の辞書をボロボロになるまで使っていた昔の学生のほうが頭に入ってる単語の量ははるかに多い。

なぜなら、電子辞書だと今知りたい単語だけがすぐに出てくるので、派生語や用例、反意語などの付随する情報がないし、苦労して引かない、また忘れたらそのつど引けばいいと思ってるので、記憶に残りにくいのです。

最近、カーナビとか使って、昔のように道を覚えることができなくなった人、それと同じです。

遡れば、幕末・明治維新期などの学生たちは辞書自体が国内に数冊しかない中で、夜を徹して異国語を暗記したわけだし、もっと遡れば、遣隋使や遣唐使期の学生たちは辞書すらなくても、中国の言葉や韓国の言葉、対馬や琉球やさらに遠い異国の言葉をいくつも操れたことを考えれば、勉強(とスポーツ)は不便なほど身につくもので、逆に言うと便利なほど身につかないのです。

車生活に慣れて、すぐそこのコンビニまで行くにも車を使う人の足が速くなると思いますか?それと同じです。

何度も消せるから便利?

全く逆です。

一度引いたら消せないから、こどもは一生懸命考えてから線を引くのです。

例えば、テストの点数集計だったり、事務処理などが機械化するのはいいです。

こどもに若いうちから楽で便利なことを覚えさせるのはほとんどの場合「悪」です。

スマホやネットの普及で簡単に情報が手に入るようになった代償に、最近物覚えが悪くなったと自覚する人いませんか?

ですからこどもにはなるべく不便な生活をさせてあげて下さい。

|

« だからスマホを捨てろ! | トップページ | 夢を叶える方法 »

今日のワイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1049265/60021678

この記事へのトラックバック一覧です: だ~か~ら~!不要なんだって!:

« だからスマホを捨てろ! | トップページ | 夢を叶える方法 »