« 今年も笑顔満開でした! | トップページ | 真面目パワー炸裂! »

2015年3月21日 (土)

こんな合格パターンもあります

さて、前回に続いて、今年受験に臨んだワイズ生の「合格への道」をお伝えします。

今回はYさんです。

彼女がワイズに来たのは中学1年生の3月でした。

のちのち語ってくれましたが、これまで、学研や公文など、いろいろな習い事をやってみたもののどれも長続きしなかったそうです。

そんな彼女がずっとワイズに通い続けることができたことに本人が一番驚いていました。(しかも、同学年の女の子が一人もいないという状況で!)

ワイズに来た時の順位は90人中で56番でした。

そこから53位→52位→47位→38位→34位と、なんと5連続定期テスト順位上昇という大記録を打ち立てました。

そして、はじめはどこかの商業高校に入れればいい、ということでしたが、公立の総合学科に志望校を上げました。

性格的にはおっとりしたマイペースな子で、積極的なやる気はあまり見えないけど、とりあえず言われた宿題はやるかな、という子です。

なので、2年生までは亀のようにゆっくりゆっくり順位を上げられました。

しかし3年生になり、まわりの子が一気に受験に向けて駆け足になっても、相変わらずマイペースで、追い込みがきかず、相対的に順位や偏差値、内申が少し下がってしまい、安泰だった志望校に黄色信号がつきました。

そんな彼女の卒業式後に彼女の母親が珍しくワイズに来てこう仰いました。

「3学期の通知表で、得意な体育が「2」に下げられ、さらに担任の先生に総合学科は無理だから、商業にしときなさいと言われて、ものすごく悔しがっていて、絶対に総合学科受かってやる、と言ってますから、ぜひ最後まで力添えをお願いします」と。

私はそういう反骨精神みたいなものが大好きなので、絶対合格させよう!と思ったのですが、それまで偏差値51あったのが、最後の模試で43まで下がり、内申も勝負の3学期で26に下がったので、内心は5分5分と見ていました。

しかし、これまで私たちがしっかりと教えてきたことは必ず彼女の力になっていると思い、送り出しました。

そして結果は合格!

母親と合格発表を見に行った彼女は自分の番号を見たときは全然実感がわかなくて、父親に報告電話をした瞬間に涙があふれてきたそうです。

合格したことのうれしさ、受験勉強から解放された安堵感、そして支えてくれた家族への思いなどがいろいろ思い出されたのでしょう。

ちなみに一緒に受験したお友達は残念ながら不合格だったそうです。(恐らくワイズよりも高額な大手の塾生でしょう)

彼女もこれでまず人生の第一番目の岐路でよいスタートが切れました。

これからまた、自分らしくゆっくりでいいので成功の人生を歩んで行ってもらいたいです。

|

« 今年も笑顔満開でした! | トップページ | 真面目パワー炸裂! »

今日のワイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1049265/59351672

この記事へのトラックバック一覧です: こんな合格パターンもあります:

« 今年も笑顔満開でした! | トップページ | 真面目パワー炸裂! »