« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月26日 (木)

女性はすごい!

私立高校入試と公立高校推薦入試が終わりました。

これまでワイズ生は100%合格です。

このまま来月の一般入試まで全員合格といきたいです。

さて、今日は女性の想像力についてです。

先日、知り合いの女性が食料を買うのに時間がかかっていたので、その理由を聞くと

「後悔するのやだから、一つずつ頭の中で味を想像している」とのこと。

また、先日も、家内と話をしてて

「今度の連休こそ、群馬行こうか?」

「え?もう行ったじゃん、また行くの?」

「へ?計画したけど、身内の葬儀でキャンセルしたやんか」

「あ~!そうだった!もう行った気になってたよ」

よくよく話を聞くと、ガイドブックを見ながら計画しているうちに、もう行った気になってたらしいのです。

そう考えると、女性の想像力ってすごいな~、と感心してしまいます。

さて、前にも書いたように、昨年からバンド活動を再開して、新曲をいくつか書き下ろしたんですが、家内に「あなたの書く詩の世界はよくわかんない」と言われたので、わかりやすく恋愛ソングを作ることにしました。

しかし、この歳で、「君のことが好きだ~」なんてストレートな歌詞を歌うのもためらわれたので、ちょっとセツナ系な大人の恋愛ソングにしました。

それを家内に聞いてもらうと、はじめは「なかなかいい曲だね~」なんて言ってくれてたのが、だんだん顔色が曇ってきました。

「初めて恋愛ソングを書いたって言ったわよね?それにしてはとてもよく心情が描けているわ。て、ことはこれ実話じゃないの?あなた浮気してるの!?どういうこと~!!!」

女性の想像力はすごいということと、2度と家内にはラブソングを見せないことにしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月 5日 (木)

節分デー・キッス

ウイルスが猛威を振るっています。

面倒臭がらず、予防しましょうね。

さて、先日、卒業生の木村太紀君と俊介君の兄弟が揃ってワイズに来てくれました。

小学生の授業で忙しかったので、彼らにも授業を手伝ってもらいました。

それを見ているととても不思議な感じがしました。

彼ら兄弟も今や社会人と大学生ですが、私は小学1年生の頃から彼らを教えていたので、あの九九で苦労してた奴らが、まともな大人になって、逆に子どもたちに偉そうに九九を教える日が来るなんて、そら、俺も歳取るわ、と。

そして、今日はデビル倉橋君が顔を出してくれました。

家を建てるので、そのアドバイスを下さい、ということでした。

卒業生が、車の免許を取り、就職し、結婚し、子どもができ、マイホームを建てる。

講師暦20年て、そういうことなんですね。毎年、1年目の気持ちでやってるけど。

さて、最近、作詞作曲を始めました。

正確には、再開しました。

小学生の時にピアノを習い、中学生で作詞作曲を始め、高校生の時にロックバンドを結成して、ライブやCD作成など精力的にやって、プロデビュー寸前まで音楽活動をしてたんです。実は。

で、最近、元メンバーから再結成の依頼があって、15年ぶりくらいに音楽活動を始めた、というわけです。

で、私がどんな曲を作っているのかは、また、いずれの日に紹介するとして、今日は作曲にあたり、気づいたことをお伝えします。

それは「クリスマスソングはいっぱいあるのに、お正月ソングはない」ということです。

この問いに、同じくバンド活動をしている講師の角口先生が「恋愛に結びつかないからですよ」と正解を出してくれました。

また、恋愛ソングの中でも「ラブラブ~」という曲より「失恋」の方が圧倒的に多いということにも気づいたのですが、これには私の家内が答えてくれました。

「人はハッピーな時は、歌なんか耳に入ってこないけど、落ち込んでる時は曲を聴いて、少しでも気分を慰める」ということでした。

なるほど。

というわけで、今回初めて失恋ソングを作ってみました。

でも、せっかく日本人なので、「クリスマス」じゃなくて「お正月」、「夏休み」じゃなくて「お盆」、「バレンタイン」じゃなくて「節分」をテーマにした曲を作って、大ヒットさせたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »