« 20歳までに | トップページ | 節分デー・キッス »

2015年1月24日 (土)

恩恵に与る

家内がインフルエンザに罹ったのですが、私は罹りませんでした。

「それは日ごろから運動して免疫力が高いからだ。みんなも先生を見習って運動しろよ。わっはっは~!」と偉そうに言った矢先にノロウイルスにケロンと罹っちゃいました。

りんごを洗わずにかじったのがまずかったかなぁ?

みんなはまねしないように。

症状は水・木曜日で治まったので、金曜日から授業を再開しました。

たいへんご心配とご迷惑をおかけしました。

小学部はまたどこかで振り替え授業をしますので、連絡をお待ち下さい。

中学部はとりあえず、中間テスト明けで、進捗状況的にはあまり問題ないので、このまま進めていきます。

さて、話は変わって白鵬です。

私は大相撲も好きです。(私の趣味で話ができる生徒が近年いないのがさみしい)

もちろん、偉大な記録は賞賛に値しますが、朝青龍がいたら恐らくこの記録は生まれなかったでしょう。

また日本人力士の優勝も10年近く出ていませんが、これも琴光喜がいたらもう少し短かったかもしれません。

また、安美錦も怪我がなければ日本人横綱になってたと思います。

すべて「たられば」ですが。

さて、今日の本題です。

経済のお話です。

昨年、アメリカなど世界で話題になった著書「21世紀の資本」です。

私としては、過去の膨大なデータを検証したことと、資産所得が労働所得を上回るという論がたいへん面白かったです。

その中で恐らく一般の方が興味を引くであろう「どうしたら楽にお金持ちになれるか」という項目があります。

簡潔な答えは「資産を持つ」です。

では、資産を持つにはどうすればよいか。

「教育機会の平等」です。

(先に断っておきますが、私個人はお金を得るために教育を行っているわけではありませんので。)

高い教育を受ければ、高い技能が身につき、高い報酬が得られる、という単純な理論です。

よく「消費税が上がってたいへん!」とか「なんでこんなに値段が高いの?」と嘆く方がいます。

でもそれではお金は貯まりません。

発想が逆です。

その集められた税金を大いに活用すればいいんです。

集められた多額の税金で「図書館」が作られています。

1冊1000円以上する書籍が毎月、毎週、何冊も入荷されるのです。

これを片っ端から読んだらどんなにお得でしょう!

これに比べたら払った税金なんて端金です。

また、「国立大学運営費交付金」を考えてみましょう。

毎年、国家予算から各大学(国立)に予算が割り当てられていますが、レベルの高い大学ほど運営費が多く、高額な研究環境が整っています。

例えば、名古屋工業大学なら48億円、愛知教育大学で52億円、名古屋大学で359億円、京都大学596億円、東京大学878億円です!

東大に行けば、世界に数台しかない「光学顕微鏡」などすばらしい研究装置があって、素敵な研究ができるんです。

どうですか。徴収された税金が何十倍にもなって返ってきますよ。

増税や日々のこまごました家計のやりくりに嘆くよりも、図書館で読書をし、大学で勉強するほうが、建設的で、肯定的で、将来が明るいですよ。

|

« 20歳までに | トップページ | 節分デー・キッス »

今日のワイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1049265/58692509

この記事へのトラックバック一覧です: 恩恵に与る:

« 20歳までに | トップページ | 節分デー・キッス »