« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月12日 (水)

子供を抱きしめるな

さて、期末が始まる前に書き溜めときましょう。

ロミオ先生の「教育をぶった切る」第4弾です。

今日は鹿児島で3つの幼稚園を営んでいる横峰吉文さんの「天才は10歳までに作られる」です。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ここの園児は全員が逆立ち歩きができて、漢字の読み書きができるというスーパー園児で話題となり、いったいどんなスパルタ教育をしてるんだ?と思いきや、やってることはいたって昔ながらの「読み書き計算+体遊び」という王道ということにまた驚き。

しかも、その子供たちはものすごく伸び伸びと元気よく園児生活を送っているのです。誰一人疲弊していたり、やらされてる感がないのです。

まさに私の理想教育と同じですね。いや、そんなこと言うと横峰さんに失礼ですね。

教育暦30年の試行錯誤の末でたどり着いた教育論ですから、私なんかより重みがありますね。(ま、見つけたのは私のほうが早いですが。)

これは私の感覚ですが、昔から「鹿児島」という風土が好きでしたね。

特に縁もゆかりもないんですが、学生の頃、司馬遼太郎の「翔ぶが如く」を読んでから、もうあの豪胆で朴訥な人間観というか、実直さというか、悲しいほどにまっすぐな生き方がたまらなく好きですね。

あ、なんか書き出したらとまらなくなったので、書いちゃいますね。

幕末維新で新政府が樹立、しかし征韓論を巡って意見が対立した西郷は故郷鹿児島(かごんまと発音)に下野。彼を慕って集まった青年(にせと発音)たちがもう一度維新を起こすと息巻く中で西郷は言う。

「おいのこん命、おまんさーたちにあげもんそ。」

この一言で反政府の士族たちを一つにまとめて、誠は我らにありと言って、歩いて東京に向かうという…。

もうね、人間の器のスケールが違いすぎる。

笑えるほど自分の信念に愚直なんですね。

そして田原坂。

数万の政府軍の浴びせる乱闘弾雨の中、「チェストー!」と叫びながら刀一振りで立ち向かっていく…。

この示現流も薩摩隼人っぽくて好きですね。

上段に構えて、胴はガラ空きで、打たれても構わないから一太刀で相手を両断するというわかりやすさ。

その気迫に、鉄砲を持った官軍が刀を持った薩摩軍に気おされるというありえない現象が起こる。

そして城山。

30人で、10万の政府軍に囲まれた玉砕前夜でも、笑って迎える悲壮感のない最期。

さて、話を少しずつ戻しましょう。

そんな鹿児島には昔から「郷中教育」というのがあって、それは青年(にせ)を呼ばれる年上の人たちが年下の子供たちを教育するという、一つの自学教育システムです。

具体的には、読み書きの「勉強」、そして野や川で体を鍛える「鍛錬」、そしてみんなで国のあり方について議論する「ディスカッション」、さらに目上に対する礼儀や挨拶などの「社会ルール」などを教えるものです。

もう、ここから読み取れる通り、150年以上も前からすでに教育の理想形が出来上がっているのです。

そんな、歴史背景から横峰さんの教育論が作られたかどうかは知りませんが、偶然ではない気がしますね。

「読み書き・計算・運動」の重要性は前にも説いたので、今日は親の心構え(躾)についてお話します。

「子供を抱きしめないで下さい。」

横峰氏が講演会で必ず言う言葉です。

「近年は少子化で親が愛情の名のもと、子供を甘やかしているケースが多い。それは子供から生きる力を奪い、伸びる才能をダメにし、非行に走らせることになる。」と。

「子供の才能を上手に伸ばすには、何もしないこと。よく子供を観察し、子供が困って自主的に尋ねてきたときだけ教える。手取り足取り教えたほうが何倍も楽ですが、絶対にしてはいけません。毅然とした態度で、体罰も含めて厳しく接して下さい。」とおっしゃってます。

私はこの年頃の子を育てたことはないですが、少なくとも自分自身と弟はおかんに厳しく育てられたので、強くなれたと思います。

そして、そんな私が子供を育てる側に回って、「ロミオ先生こわい~!」と思われているなら「よっしゃ!」と思いますね。

ちなみに私は長渕剛(鹿児島出身)も大好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 7日 (金)

遊び込め!

先日、E君のお父様から柿と銀杏を頂きました。

K君のお母様からはスケッチブックを頂きました。ありがとうございます。

また、以前T君のおばあさまからご提供いただいた一輪車の整備が終わったので、今日から乗れるようになりました。

さて、今日のテーマは「遊び」です。

もうワイズのことを長年ご覧になってる方はわかると思いますが、私の言う「遊び」はテレビやゲームのことではなくて、もちろん体を使った「遊び」です。

現在、都内を中心に生徒数1万人を超え、キャンセル待ち3000人を超える超人気塾「花まる学習会」の創設者高濱氏は「遊びこんだ経験が後の思考力や人間的魅力につながる」と言い、毎月1泊2日の野外体験イベントを開催しています。

これまで、エリートを育てるには小さい頃からの英才教育で子供たちから遊ぶ時間を取り上げ勉強づけにするというのが定説であり、実際そういう幼児教育が当たり前だった教育業界に新しい風を吹き込み、そして、親たちもそれに気づき始めたことは大いに賛成です。

これはぜひ言いたいのですが、この「体を使って地頭を鍛える」理論は私が日本で最初に考案し、実践したんですよ。

私がワイズを開校する前、この学習塾業界に携わった20年前のその年から言い続けて、自分のできる範囲でこういったイベントを行なってきたのです。

最初は「塾は勉強を教えるだけでいい!」と言われ、全然理解してもらえませんでしたけど。

ですから今ももちろん、「ワイズキャンプ」や「ワイズ遠足(冒険)」を行なっているのです。

また、東京にある「国立学園小学校」の取り組みも面白いですよ。

指導方針は「自ら考え、学び、行動する」。

休み時間は雑木林で木登りして元気よく遊ぶ。

普通の学校は怪我したらクレームが来るので禁止しているが、「自分で試行錯誤しないと登り方もわからない人間になる」とのこと。

また、修学旅行では携帯などの連絡手段を待たせず、自分たちで自由に行動させる。

普通の学校なら、迷子になったらどうするの?とか、知らない人に声をかけちゃ危ない、とか言うが、これも「日本人の99%は親切。道を尋ねれば教えてくれる」という方針だ。

「そんな野蛮な小学校はどうせ学力低いんでしょ?」と思われた方。

この国立学園の学力は首都圏の中でも超トップクラスで、東大進学者も数多くいます。

まさに私の教育論と合致します。

ただ、気をつけたいのは、この遊びこみの時期は小学校低学年まで、そして宿題や最低限の勉強を行なった上でのことです。

つまり、子供たちから「テレビ・ケータイ・ネット・ゲーム」を取り上げ、昔の子供たちがしてたように、大自然を相手に思いっきり遊ばせる、ということです。

そうすれば、子供たちは動植物などに関心を持ち、その名前や生態、大切さを知り、ルールを守ることの大切さ、人とのかかわり方、挨拶の仕方、困ったときの対処の仕方、みんなで力を合わせることを学び、体の動かし方がわかり、体が鍛わり、精神も鍛わり、その後の勉強や人生に対して大きな財産となるでしょう。

これを読まれた小学校低学年以下のお子さんがいらっしゃる方。

ぜひワイズにお越し下さい。

私はこの地域に住む子供たち全員が、やさしく、正しく、強く、賢くなり、みんなが幸せになって、そしてみんなで素敵な社会を作っていくことを目指しています。

さいごに。

私ロミオは「サスケ完全制覇」を目指しています。

その練習のため、ワイズに「登り綱」を設置しました。

よかったらチャレンジしてみて下さい。

ちなみに私は10秒で3階まで登ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

東大合格に一番重要な力とは?

3連休はどう過ごされましたか?

私は「中3入試対策」と「ワイズ遠足」と「第4回愛知全県模試」で見事に終わりました。

さて、有言実行。

ロミオ先生の「教育書をぶった切る」第2弾です。

今日も和田秀樹氏の「公立校から東大に入る本」からです。

「東大に入るために一番重要な学力とは?」

せっかくなのでお考え下さい。

時期で言えば、小学生?中学生?それとも高校生?

科目で言えば、国語?数学?それとも英語?

意外に暗記力?論理思考力とか?

東大合格だから全部だろ!みたいな。

いろいろ考えられますが、ズバリ答えは「小学校の計算力」です。

意外ですよね。

「え?それが一番重要なの?」と思われるでしょう。

東大合格と言えば人生の勝ち組と言ってもいいでしょう。

それが「2+3=5」みたいな計算に隠れているのです。

私もこれまで多くの賢い子(東大・京大・名大・早稲田大などトップレベルの大学に合格した子)を見てきた経験に照らし合わせてみても、これは事実で、どの子も計算力がありました。

だからワイズでは「百マス計算」を推奨し、毎回行なっているのです。

具体的には「引き算2分」「掛け算1分30秒」「余りある割り算5分」くらいの計算力です。

「え?それなら俺も東大は入れるじゃん!」と思った人。

確かにワイズでは甲斐あってこの基準を上回る子が何人か出てきましたが、それだけでは東大には入れません。

一番重要なのは「計算力」で、あと他に「論理的思考力」と「応用思考力」が必要です。

では、せっかくなのでこれらの能力がどのように身につくのか具体的にお話しましょう。

まず計算力は当たり前ですが、計算ドリルをやる。

論理思考力は読解力と言い換えればわかりやすく、とにかく本(物語ではなく、新聞記事などの事実論文)をたくさん読む。

応用思考力は、今まで習ったことを組み合わせたりする能力で、これはセンス(才能)のある子が有利だが、それがなくても参考書を1冊丸暗記できるほどの抜群の暗記力があれば努力しだいでカバーできます。また、センスも暗記力もない人は2~10倍ほど勉強してたくさん問題を解けば身につくでしょう。

ちなみにこれらの能力は若いうちほど身につきやすいので、早めにやるといいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »