« 東大合格に一番重要な力とは? | トップページ | 子供を抱きしめるな »

2014年11月 7日 (金)

遊び込め!

先日、E君のお父様から柿と銀杏を頂きました。

K君のお母様からはスケッチブックを頂きました。ありがとうございます。

また、以前T君のおばあさまからご提供いただいた一輪車の整備が終わったので、今日から乗れるようになりました。

さて、今日のテーマは「遊び」です。

もうワイズのことを長年ご覧になってる方はわかると思いますが、私の言う「遊び」はテレビやゲームのことではなくて、もちろん体を使った「遊び」です。

現在、都内を中心に生徒数1万人を超え、キャンセル待ち3000人を超える超人気塾「花まる学習会」の創設者高濱氏は「遊びこんだ経験が後の思考力や人間的魅力につながる」と言い、毎月1泊2日の野外体験イベントを開催しています。

これまで、エリートを育てるには小さい頃からの英才教育で子供たちから遊ぶ時間を取り上げ勉強づけにするというのが定説であり、実際そういう幼児教育が当たり前だった教育業界に新しい風を吹き込み、そして、親たちもそれに気づき始めたことは大いに賛成です。

これはぜひ言いたいのですが、この「体を使って地頭を鍛える」理論は私が日本で最初に考案し、実践したんですよ。

私がワイズを開校する前、この学習塾業界に携わった20年前のその年から言い続けて、自分のできる範囲でこういったイベントを行なってきたのです。

最初は「塾は勉強を教えるだけでいい!」と言われ、全然理解してもらえませんでしたけど。

ですから今ももちろん、「ワイズキャンプ」や「ワイズ遠足(冒険)」を行なっているのです。

また、東京にある「国立学園小学校」の取り組みも面白いですよ。

指導方針は「自ら考え、学び、行動する」。

休み時間は雑木林で木登りして元気よく遊ぶ。

普通の学校は怪我したらクレームが来るので禁止しているが、「自分で試行錯誤しないと登り方もわからない人間になる」とのこと。

また、修学旅行では携帯などの連絡手段を待たせず、自分たちで自由に行動させる。

普通の学校なら、迷子になったらどうするの?とか、知らない人に声をかけちゃ危ない、とか言うが、これも「日本人の99%は親切。道を尋ねれば教えてくれる」という方針だ。

「そんな野蛮な小学校はどうせ学力低いんでしょ?」と思われた方。

この国立学園の学力は首都圏の中でも超トップクラスで、東大進学者も数多くいます。

まさに私の教育論と合致します。

ただ、気をつけたいのは、この遊びこみの時期は小学校低学年まで、そして宿題や最低限の勉強を行なった上でのことです。

つまり、子供たちから「テレビ・ケータイ・ネット・ゲーム」を取り上げ、昔の子供たちがしてたように、大自然を相手に思いっきり遊ばせる、ということです。

そうすれば、子供たちは動植物などに関心を持ち、その名前や生態、大切さを知り、ルールを守ることの大切さ、人とのかかわり方、挨拶の仕方、困ったときの対処の仕方、みんなで力を合わせることを学び、体の動かし方がわかり、体が鍛わり、精神も鍛わり、その後の勉強や人生に対して大きな財産となるでしょう。

これを読まれた小学校低学年以下のお子さんがいらっしゃる方。

ぜひワイズにお越し下さい。

私はこの地域に住む子供たち全員が、やさしく、正しく、強く、賢くなり、みんなが幸せになって、そしてみんなで素敵な社会を作っていくことを目指しています。

さいごに。

私ロミオは「サスケ完全制覇」を目指しています。

その練習のため、ワイズに「登り綱」を設置しました。

よかったらチャレンジしてみて下さい。

ちなみに私は10秒で3階まで登ります。

|

« 東大合格に一番重要な力とは? | トップページ | 子供を抱きしめるな »

今日のワイズ」カテゴリの記事

コメント

ご無沙汰しています。1週間に1回のブログ更新頑張ってください。
さて、季節は立冬となり、私も家族と離れて暮らし、7か月が過ぎました。
息子については、勉強や学校生活は順調の様で、お陰様で、今回の中間試験結果も努力したなと感じているところです。
しかしながら、生活面では残念で性がありません。今回の件について「思いっきりぶん殴ってやろう。」と意気込んで帰宅しましたが、学校でハプニングがあり、私の拳以上の痛みを受けて帰ってきたので、結果的に殴っていません。
「勉強が出来ればそれでいい」とまだ思っているかもしれません。その根性を叩きのめして潰したい!!ご協力をお願いします。
なお、来年度からあと2人小学校低学年ではありませんが、お願いする予定です。その節はよろしくお願いします。

投稿: 葛藤中の親父 | 2014年11月 9日 (日) 19時39分

いつも私の駄文を読んでいただきありがとうございます。
今回のご長男の件、お父様がお叱りになると想定し、同じ件で2回も怒られるのも理不尽と思い、私は彼の心情の確認と世の中のルールについて少し話をするにとどめました。
テスト結果につきましては褒めてやっていいと思います。
英語検定に関してはほとんどノー勉で突っ込んだので惨敗しました。次回までに本人のやる気を出させたいと思います。
ご兄弟の入会はとても楽しみにお待ちしています。
それではまた今後ともよろしくお願いします。

投稿: ロミオ | 2014年11月12日 (水) 01時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1049265/57916675

この記事へのトラックバック一覧です: 遊び込め!:

« 東大合格に一番重要な力とは? | トップページ | 子供を抱きしめるな »