« ゲーム<お手伝い | トップページ | その時、本性が表れる! »

2013年11月 2日 (土)

多分、これ誰も知らないんじゃないかな?

前回に引き続き、今の子どもたちについて私が思ったことを書きたいと思います。

今回は「褒めると叱る」について。

以前も書きましたが子どもの教育の基本は「褒める」と「叱る」です。(もちろん大前提に「無償の愛」がありますが。)

そして、実はこの2つのやり方を間違えてる方が多いのです。

まずは「褒め方」。

たとえば、「テストで100点を取ったら褒める、いい子にしてたら褒める」。

当たり前と思いますよね。

実はこれは大間違いです。

批判覚悟ではっきり言いますが、子どもが犯罪者になる確率が上がります。

この褒め方だと、子どもは「成績がよくないとダメなんだ、いい子にしなかったらダメなんだ」という価値観を抱き、それを維持しなければいけないというストレスを抱えることになります。また、それができていない子をバカにしたり、いじめたりする原因にもなります。

これは特に「人はこうあるべきだ」という概念をたくさん持っている親や、「ああしなさい、こうしなさい」と子どもにたくさん指示を出す家庭でより顕著になります。

そういう子は自発的な倫理観が身につかず、基本的に親の言うとおりにしていればいいんだ、という判断が身につきます。ここに危うさがあるのです。

つまり、人に言われたことには従うが、誰にもバレなければ「これくらいのことはいいだろう」と自己本位な行動をする恐れがあるのです。

指示や命令で育つと自己の道徳観で行動するのではなく、他者の評価が優先されます。

他者(おもに親)の考えが基準となり、自分の中で確固たる価値判断が作れなくなるのです。

ではどうやって褒めればよいか。

簡単です。

子どもが頑張ったとき、勇気を出したときに褒めればいいのです。

それはたとえテストが0点であっても、子どもが頑張ったのなら褒めるのです。

たとえば、子どもが勇気を出して、「財布からお金を取りました」と言ったときに褒めるのです。

ここで「叱る」方が大半だと思いますが、それも大間違いです。

まずは褒めるのです。

それから、反省や詰問ではなく、「なぜそれをやってしまったのか」を聞き、その言葉を肯定的に受け止めながら、吐露させます。そこで初めて本人が素直に罪と向き合うことができて、更正に向かえるのです。

どうですか?

「褒める」と「叱る」が逆になっていませんでしたか?

最後にもう一つ。

子どもは子どもらしく、素直に、ありのままに育てることが大事です。

そんなことすると、とんでもない子になる、と思われた方。

子どもは言わなくても、大人の行動を見て真似をし、自分の中で倫理観を身につけていきます。

大人が正しいことをし、褒めると叱るを正しく使えば、子どもは間違った道へ進むことはありません。( ^ω^ )

|

« ゲーム<お手伝い | トップページ | その時、本性が表れる! »

今日のワイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1049265/53806398

この記事へのトラックバック一覧です: 多分、これ誰も知らないんじゃないかな?:

« ゲーム<お手伝い | トップページ | その時、本性が表れる! »