« 夢は叶う! | トップページ | 涙のインフレーション »

2013年10月 5日 (土)

「継続は力」とわかっているが・・・

先日、いつものように読書していたら気づいたことがありました。

それはダイエットも勉強もスポーツも何事も成すには「努力の継続」が必要だということです。

どの本を読んでもいきつく結論はすべてこれだったのです。

ということは逆を言えば、「努力の継続ができる人は何事も成しえることができるし、できない人は何事も達成できない」ことになります。

ということはこの「努力の継続」ができるかどうかがそのまま「人生の成功」につながるとても大事な要素ということになる。

もちろん、私も長年教育現場に身を置いて、その大切さは重々承知しているので「ワイズ生徒の心得」の第4条にも載せてあります。

にもかかわらず「努力の継続の身につけ方」という本は見たことがありません。

それがわかれば人生がバラ色になるのに・・・。

というわけで今日のテーマは「努力の継続の仕方」についてです。

将棋界の羽生、水泳界の北島、野球界のイチロー、体操界の内村。

ご存知のとおりその道の一流で、ご存知のとおり努力の継続を体現し続けている人たちです。

ではこれらの人たちに共通することは何か?

まず、大前提として言えることは「それが好きだ」ということです。

それから誰も親や周囲の人からそれを強制されてないということ。

そして本人たちの証言からわかるのは、強くなる(成功体験)ことがうれしかったということです。

さらに本人が興味を持ったら親は過剰な期待はしないが環境は整えてあげてる、ということです。

子どもが何に興味を持つかはわかりません。

ただ、子どもが何かに向かって頑張っているとき、どんな小さなことでも成功したときにそれをしっかりと認めてあげる(過剰に褒めることではない)ことは大事なことです。

親はなにかと自分のやらせたいもの(特に勉強)を押しつけがちですが、こればっかりはどうにもなりませんし、えてしてよい結果にはなりません。

それよりは子どもの興味に任せて「うちの子は何に興味を示すのかな?」というくらいの気構えで楽しく見守るほうがよいでしょう。

私も今でもスポーツをやり続けていますが、両親は学校の教師であり、運動には無縁な人たちで、私をスポーツマンに育てるなど考えたこともなかったそうです。

子育てとは面白いですね。happy01

|

« 夢は叶う! | トップページ | 涙のインフレーション »

今日のワイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1049265/53502365

この記事へのトラックバック一覧です: 「継続は力」とわかっているが・・・:

« 夢は叶う! | トップページ | 涙のインフレーション »