« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

ゲーム<お手伝い

中間テストも大成功に終わり、ワイズ懇談会も無事終了して、一息ついたので大好きな読書をしに図書館へ行き、いっぱい本を読んできました。

今日はその中から気づいたことをいくつかお話したいと思います。

実は、今回の懇談会で予想以上に子どもたちがテレビやゲーム、ネットの世界にはまっていることがわかって、少し不安に感じたのでそれに関連する著書を読んでみました。

まず「引きこもり」について。

現在、国の調査では、15歳から40歳までの働き盛り人口の5%が健康上の問題がないのに働いていないという数字が発表されていますが、秋田県のある自治体が精緻に調査したところ17%、つまり6人に1人が引きこもっていることがわかりました。

当然これは、この自治体だけが特別ではないので、全国規模で考えると、ざっと300万人の労働力が埋もれていることになります。

この人たちが働けば、アフリカの一国の国家予算くらいになると思えば、非常にもったいないですよね。

その一方で、過労死で亡くなる人もいることを考えると「もっと仕事を平均化して分けられないのかな?」と思ってしまいます。

実は先述の自治体がこの無駄になっている労働力を何とか引き出せないかと試行錯誤したところ、非常に面白い、というか皆が間違った認識をしていたということがわかったのです。

ここで問題

この自治体が引きこもりの人たちに色んな働きかけをし、大成功したものがあります。それは何でしょう?

①みんなで楽しめるカラオケやダーツなど遊びパーティーの開催。

②悩み相談などのカウンセリング。

③仕事のあっせんセミナー。

正解以外の2つは大失敗だったそうです。

ちなみに私は経験則から正解はわかっていたので、この話を読んで「え?そんなことも知らずに高い給料もらって引きこもり対策委員やってたの?」と軽い憤りを感じました。

正解は③です。

人間は「人の役に立った、自分はこの世に必要とされている」と感じたときが一番生きがいを感じるのです。

子どもたちと接しているとよくわかります。

ゲームなどはただ一時の快楽のためにやっているだけです。(もちろん喫煙のように強い依存性はありますが)。

それより、何か重要な役割を与えるととても生き生きとやります。

ですから好きで引きこもってるわけではありません。

実際仕事がないから仕方なく自宅待機してる状態なのです。

今回は、買い物が困難なお年寄りの手伝いなど、高齢者の準介護のような仕事で、賃金も正規の水準に比べれば低いですが、それでも当事者たちはとても喜んで働いていました。

ですからワイズでは子どもたちにどんどんやらせるのです。

コピー機なんか、子どもたちは瞬時に覚えて、みんな普通に使いこなしています。

ですから、ご自宅でも「これは無理とか、これは危ない」とか言わずにどんどんやらせてあげてください。( ̄ー+ ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

何?この空気?

秋晴れの3連休。

でも中学生たちは残念ながらテスト勉強です。

さて、私は小学生を連れて「秋のワイズ遠足」へ行ってきました。

恒例となりつつある「稲沢サンドフェスタ」で、広場でお弁当食べたり、サッカーしたり、砂の

造形を作ったりしましたが、やはり一番楽しいのは「ビーチフラッグ大会」です。

しかし今年は「成人の部」がなく、子どもだけの参加となり、私はビデオ撮影係になっていました。

学年別で競技が行なわれ、各組の優勝者には賞品がもらえ、負けた子たちは優勝賞品がなくなるまで再度チャレンジできることになっていたのですが、6年生は参加人数が少なく、3回目のレースで出場者が1人だけという事態になりました。

そこで主催者側がレースの形を保つため急遽ギャラリーから参加者を募ったのです。

私はすぐに挙手して参加を表明し、近くにいたセブンにビデオを渡しました。

もちろんハンデのため、私たち一般参加者は距離が長く、さらに寝そべった状態からのスタート。

そして、司会者が「これはあくまでこどものための大会ですので、そこのところお願いしますね」と念を押す。

そして、体裁が整ったところでスタート!

私は全力で起き上がり振り向いて旗を目指して一直線に走ります。

そして6年生の子を抜きさって旗をゲットしたのです!

その場にいた人たちがみんなびっくりした声を上げました。

いや、予想外の出来事に声が出せなかった人もいたでしょう。

そして司会者は「これはいったいどういうことでしょうか!?」と言っていましたがもう遅い。

私は高々とガッツポーズをしていました。

自分でも不思議なんですが、どうも勝負事になると、スイッチが入って理性がなくなるようです。

いや~、あの時の現場の空気はなかなかでした。

「え~~~!取っちゃったよ!あの人!」みたいな。

大人気ない?

まぁそうなんですが、でも一方で勝負の厳しさを教えてあげられたかな?とポジティブに考えています。

悔しかったら大人の壁を超えてみろ!みたいな。

いつでも全力勝負!

これからも生徒たちに身をもって教えます。( ̄ー ̄)ニヤリ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

涙のインフレーション

なんだか、曲のタイトルのようですが、今日は「涙」についてのお話です。

先日、1年生のデビルさんから聞いた話ですが、クラスでグループか何かを決めるときに、ある女の子が「私、○○ちゃんとは嫌だ」と言って泣き出したらしく、そのやりとりを見ていたクラスメイトが全員もらい泣きしだしたと言うのです。

状況を詳しく聞いても私には泣いた意味がさっぱりわかりません。

以前にも書きましたが、最近の子たちは合唱コンクールや体育祭、卒業式など、ことあるごとに泣くのです。しかも男子も。

もちろん、感動が多い人生を否定するつもりはありませんが、なんか涙の価値がえらく下落している気がするのです。

私は「男が人前で泣くんじゃない!」「親が死んでも泣くな!」と小さい頃から言われて育ったので、大好きだった祖父の葬儀でも歯を食いしばって堪えていましたが、こういうのは古いんでしょうか?

できればワイズの男子は人前で泣かない強い日本男児に育てていきたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 5日 (土)

「継続は力」とわかっているが・・・

先日、いつものように読書していたら気づいたことがありました。

それはダイエットも勉強もスポーツも何事も成すには「努力の継続」が必要だということです。

どの本を読んでもいきつく結論はすべてこれだったのです。

ということは逆を言えば、「努力の継続ができる人は何事も成しえることができるし、できない人は何事も達成できない」ことになります。

ということはこの「努力の継続」ができるかどうかがそのまま「人生の成功」につながるとても大事な要素ということになる。

もちろん、私も長年教育現場に身を置いて、その大切さは重々承知しているので「ワイズ生徒の心得」の第4条にも載せてあります。

にもかかわらず「努力の継続の身につけ方」という本は見たことがありません。

それがわかれば人生がバラ色になるのに・・・。

というわけで今日のテーマは「努力の継続の仕方」についてです。

将棋界の羽生、水泳界の北島、野球界のイチロー、体操界の内村。

ご存知のとおりその道の一流で、ご存知のとおり努力の継続を体現し続けている人たちです。

ではこれらの人たちに共通することは何か?

まず、大前提として言えることは「それが好きだ」ということです。

それから誰も親や周囲の人からそれを強制されてないということ。

そして本人たちの証言からわかるのは、強くなる(成功体験)ことがうれしかったということです。

さらに本人が興味を持ったら親は過剰な期待はしないが環境は整えてあげてる、ということです。

子どもが何に興味を持つかはわかりません。

ただ、子どもが何かに向かって頑張っているとき、どんな小さなことでも成功したときにそれをしっかりと認めてあげる(過剰に褒めることではない)ことは大事なことです。

親はなにかと自分のやらせたいもの(特に勉強)を押しつけがちですが、こればっかりはどうにもなりませんし、えてしてよい結果にはなりません。

それよりは子どもの興味に任せて「うちの子は何に興味を示すのかな?」というくらいの気構えで楽しく見守るほうがよいでしょう。

私も今でもスポーツをやり続けていますが、両親は学校の教師であり、運動には無縁な人たちで、私をスポーツマンに育てるなど考えたこともなかったそうです。

子育てとは面白いですね。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月 3日 (木)

夢は叶う!

突然ですが「日本一」になりました!

うれしくてたまりません!

今回は全部自慢話になっちゃうけどお付き合い下さい。

私ロミオは10年前、人生の大転機がありました。

こんなポジティブの塊みたいな私にも「人生やめようかな」と考えるほど落ち込んだときがありました。

ただ、やはりそこはポジティブに考え、「いや、このまま時世したらつまらん!精一杯生きて生きて生きてやる!」と考えを改めました。

「じゃあ、精一杯生きるってことは何だ?」

「よし!日本一になろう!日本一になってみんなに祝福されて、認めてもらおう!」

というわけで、水泳で日本一を目指すことにしたのです。

それから毎日毎日苦しい練習を積んできました。

泳ぎ込みはもちろん、文献を読みあさり、ウェートトレーニングや走り込みもし、食事制限もし、生活も整え、オリンピック育成コーチの講演があれば聞きに行ったりしました。

そしてついにその日が来たのです。

先週名古屋ガイシアリーナプールで行われた「レインボーカップマスターズスイミング大会2013」と呼ばれる全国規模の大会の最終種目「男子200mメドレーリレー(160歳区分)」に出場、チームロミオはエントリータイムでは4番目でした。

しかし、レース直前、優勝候補のチームが棄権したのです。

これでメダル圏内になり、レースが始まりました。

第一泳者は長谷川。

個人種目のタイムより速かったが、第5位。

そこから第2泳者の私が引き継ぎ、3人抜いて1位まで100分の7秒のところまで追い詰めました。あとからわかったが私も個人種目より0.8秒速く泳いでいました。

第3泳者は倉冨。

ここで1位に躍り出て、0.2秒差でアンカーの吉尾につなぎました。

アンカー勝負は50m間ずっと並んで水しぶきをあげる展開で最後までメダルの色がわからない接戦。

両選手が同時にゴールタッチをし、見上げた電光掲示板に「ロミオ1」の文字が見えたとき、雄たけびを上げて飛び跳ねていました。北島が金メダルを取ったときのように。

あとからプログラムで確認しましたが、最後まで競ったチームは今大会出場チームの中で一番参加人数が多いチームで、個人の持ちタイムも私以外の3選手はいずれもチームロミオのメンバーよりも1秒ほど速く、トータルで3秒以上速いチームでした。

チームロミオのメンバーは私も含め、全員が普通の会社員です。

学生時代もスポーツ特待などで入る私立校ではなく、ましてやオリンピック強化選手などでもなく、ただただ普通の公立校に通っていた、ごく普通の水泳部員でした。(一応県大会までは出場していましたが)。

私の夢の目的は途中から変化しました。

死ぬほど努力をすれば夢は必ず叶うということを体現して子どもたちに伝えることと、私がよいレースをすることでみんなに勇気や元気を与えるということです。

今回の優勝でひとつ夢は叶えられましたが、上位チームの棄権で転がり込んだものだし、私個人の種目としてはまだ銀メダルが最高位なので、これからももっともっと練習して、もっと高みへ行きたいと思っています。

「死ぬほど努力すれば夢は必ず叶う!」

これからも子どもたちにこの言葉を伝えていきたいと思います。(* ̄ー ̄*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »