« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月18日 (火)

はよ気づけ!

寒い日が続いていますが、皆さん元気にしていますか?

ロミオ先生はもちろん元気です。

さて、昨日、卒業生の吉田千夏さんが彼氏を連れて顔を出してくれました。

彼女は高校進学ではおしくも第一志望を逃しましたが、高校の3年間でものすごく努力をし、見事に愛知淑徳大学合格をつかみました。

考えてみると、ワイズの生徒たちは大きく2つに大別できます。

1つは先日の翔くんのように自分のやりたいことに向かって突き進み、夢をつかむ者。

もう1つは有名大学に合格し、大企業に就職する者です。

共通するのは、「努力をし、成功する」、ということです。

そう思うと、自分で言うのもなんだけど「ワイズってすごい塾だな~」と感じてしまいます。

いえ、正確には「本人の本気のやる気」なんですけどね。

じゃあ、そんなやる気はどこから出てくるのか?

何も特別なことはしていません。

ただワイズでは「努力した者が勝つ」と教えているだけです。

人生に特効薬なんてありません。楽な方法なんてありません。やる気スイッチもありません。

ただただ努力した者が勝つのです。

さて、話は変わって今日のお題は「成長」です。

勉強もスポーツもそうですが、人間関係も経験の積み重ねです。

先日、子供達が喧嘩をしていました。

もちろん、以前にも書きましたが、私は「喧嘩上等派」なので止めません。

(逆に止める人が理解できない)

そして、終わった頃に話をします。

「どうじゃ、気分は?」

「別に・・・」

「痛いし、つまらんし、後味悪いじゃろう。ささいなことでこんな目に遭ってよう。喧嘩はくだらんと気づけばそれでええわい。」

さて、今回、面白かったのは、第3者の子がなんとか場を収めようと倒れた自転車を必死で直そうとした姿です。

そして、私が何も言わなくてもみんなで協力して自転車を直し始めたことです。

大人が止めたり、仲裁に入らなくても、子供達だけで解決していくのです。

これを「社会性の経験」と言います。これを積み重ねることでしか人は成長できないのに、今の大人は止めちゃうんですね。もったいない。

正直、今回の喧嘩は保育園レベルです。

もっともっとぶつかり合って、レベルを高めてってもらいたいですね。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月12日 (水)

だから賢くなれ!

先日、卒業生の田中翔君がワイズに顔を出してくれました。

学生の頃はとても成績優秀だったが、大学進学はせず、自分の好きな音楽の道を選びました。周りは「もったいない!」と大反対でしたが、私は大賛成したことを覚えています。

同級生たちは名古屋大学や南山大学へ進み、三菱や中部電力など大企業に就職したが、彼はアルバイトをしながら、ひたすら自分の信じた道を進み、先日、レコード会社と契約を結び、ついにプロの音楽家になりました。

報告してくれた彼の顔は本当にうれしそうな顔をしていました。

これからの活躍が楽しみです。

さて、今日は「確かな目」についてのお話です。

私は少しでも地球環境を壊さないようにしようと日々生活しています。

しかし現在、お店に並んでいる商品は、シャンプーにしても、食器洗い洗剤にしても、歯磨き粉にしても、洗剤や石鹸も、すべて表記は「とても汚れを落とす」とか「お肌に優しい」など、人間に対しては優しいのですが、「地球環境に優しい」という表記はありません。

そこで私は家内が手作りした環境に優しい石鹸などを使っています。

以前、「買ってはいけない」という本のシリーズが流行りましたが、そこには「今の商品には添加物や化学調味料など、人間の体にも環境にも悪い物質が多く含まれている」と書いてありました。

もちろん、私はそれらのものは極力使わないようにしてきましたが、ではなぜ、悪いとわかっていながら人々は使い続けるのでしょうか?

その本の作者が各発売元のメーカーに問い合わせたところ、こんな返答が返ってきたそうです。

「消費者のニーズに答えただけだ」と。

そうです。つまり、我々消費者が、虫のついた野菜は買わないから、農薬が使われ、見栄えのよい物を望むから、合成着色料が使われ、安価な物でよいと思うから、安全性に問題がある物が商品棚に並ぶのです。

この図式は他の場面でもよく見られます。

例えば、テレビ番組。

視聴者が望むから、下世話で、品格のない、レベルの低い番組が作られるのでしょう。

例えば、政治家。

有権者が本物を見抜く目がないから変な政治家が当選するのでしょう。

それで国民が「騙された~」とか「政治に失望した」とか言っても、それは選んだ国民の知識レベルが低いせいなのです。

選ぶ側の「本物を見極める目」「知識レベルの高さ」が大事なのです。

だからワイズの生徒たちには「本物を見極める確かな目」と「生活をよりよくする賢さ」を身につけさせたいと思っています。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »