« 勉強の前に、人として | トップページ | 新婚生活で・・・ »

2012年9月12日 (水)

たとえ嫌われても

今年の夏休みには、普段ワイズに来たくても遠くて来れない子たちが参加してくれました。

(中にはアメリカのカリフォルニアから来てくれる子もいます)

さて、話はオリンピックですが、陸上競技や競泳などのタイムアタックの競技は100分の1秒という差の中で争っています。

私もレベルは違いますがマスターズ水泳の全国大会(出場者5000人規模)に出場し、毎年全国のライバルたちとメダルを争っています。(私はいつも2位~6位くらいです)。

その100分の1秒を速くするのに毎日苦しい練習をしています。もちろん1日でもサボれば即順位は下がります。そんな厳しい勝負の世界なのです。

さて、先日ワイズの夏期講習に参加してくれた子が100マス計算をしていました。

どうやらお兄ちゃんが目標らしく、1日に何回もチャレンジしていました。

だんだんタイムも縮まり、努力は嘘をつかないな~、と見ていたら、タイムを計測する前に答えをあらかじめ書いてるのを発見。つまりズルをしていたのです。

ここが大事なところです。私はすかさずこう言いました。

「Uちゃん、もし友達がズルをして優勝したら、君はその子を尊敬できるかい?」

彼女は小さく首を振りました。

「世の中にはルールがある。その中でみんなが競い合うから優勝者はかっこいいんだぜ。オリンピックならフライングは即失格、ドーピングというズルならメダル剥奪の上に、出場停止だぜ。」

彼女はうなづきました。

子どもたちは大小あれど、嘘をついたり、ズルをしたりします。

それを「小さいことだから」とほかっておく人がいますが、これは重罪です。

もし、このままこの子が咎められずに成長していったらどうなるでしょう?

小さい頃の善悪の判断。

ワイズが大切にしている教育理念のひとつです。

日々これ練習!それが優勝への近道です。

というわけで、ロミオ先生は今日も体を鍛えています。

|

« 勉強の前に、人として | トップページ | 新婚生活で・・・ »

今日のワイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1049265/47045367

この記事へのトラックバック一覧です: たとえ嫌われても:

« 勉強の前に、人として | トップページ | 新婚生活で・・・ »