« 自分の意思で決める! | トップページ | ロミオのけったで大冒険(仮) »

2012年3月29日 (木)

部活動の正統評価を

春休みのせいか、日替わりで卒業生たちがワイズに顔を出してくれます。

ワイズで野球大会やるぞ、と言ったら西尾佑介くん、木村俊介くん、藤原貴信くん、大野祐樹くんが来てくれました。みんな部活が忙しくて参加できないと言ってましたが、わざわざその報告のために顔を出してくれます。(私がケータイやメールが嫌いな人間なので必然的にそうなるのですが)。

話をするとみんな何らかの形で野球を続けていました。そういう私もいまだに社会人野球に所属していますが。

さて、今日は部活の話をしたいと思います。

私は学校業務における部活動というものは世界に誇れるすばらしいシステムだと思っています。

極端な話、現在日本がオリンピックで活躍したり国際大会などでよい成績を収めてきたのもこの部活のおかげだと思っています。

だいたい教科担任の先生方が兼任で部活動の指導にあたるなんて世界のどこの国にもありません。

たとえばアメリカでサッカーやベースボールがしたいなら高額のお金を払ってクラブチームに所属するのです。

他の国でもスポーツといえばスポーツ専門の人が指導するのが普通です。

だいたい日本の学校の先生の職務はただでさえ多いのにさらに部活動もするとなるとかなりの超過勤務です。(土日もありますから)。

これがアメリカならば間違いなく超過勤務分のサラリーを要求するでしょうし、それがだめならみんな辞めてしまうでしょう。

それを文句も言わず、家族サービスも犠牲にして、子どもたちの健全な心身の育成のために無償でやっているわけで(私は父母が学校の教師だったので幼少の頃、なかなかかまってもらえず、不良になりかけました)。

このことについて生徒も父兄も当たり前のように感じられてる方が多いので、私はもっと評価されてもよいと思うのですがいかがでしょう?

|

« 自分の意思で決める! | トップページ | ロミオのけったで大冒険(仮) »

今日のワイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1049265/44670808

この記事へのトラックバック一覧です: 部活動の正統評価を:

« 自分の意思で決める! | トップページ | ロミオのけったで大冒険(仮) »