« 2010年3月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年4月

2010年4月 9日 (金)

ロミオイズム

卒業、入学、おめでとうございます。

今年もたくさんの子が笑顔で巣立っていきました。(あと3年付き合う子もいますが)。

その年度代わりに伴って、いろんな品々を頂きました。

Y華のお母様、E利花のお母様、H波のお母様、○山君のお母様からは素敵なお菓子を

Kずや君のお母様からはおいしいうどんを、I織君のお母様からは土産を頂きました。

本当にありがとうございました。

さて、先日、卒業生のYしだMつひろ君がワイズに顔を出してくれて後輩のワイズ生たちに

講演をしてくれました。

この4月から岐阜大学の生協で勤務することとなった彼は、昨年1年間(大学在学中)で

全国の名だたる大学(名古屋大学、京都大学、立命館大学、同志社大学など)を周り、

たくさんの人たちと交流をしてきたそうです。

その経験から「今、子どもたちに伝えたいこと」という演題で話してもらったのですが、これ

が非常にためになる話だったので、参加できなかった人たちのために、ここで一つお伝え

しましょう。

まずは、自分の好きなこと、好きなものを紙に書き出して下さい。ただし制限時間は5分で

す。

よーい、始め!

ここから先はやった人のみ読んで下さい。

いかがでしたか?では、今書いた数を数えて下さい。いくつ書きましたか?

参加した子どもたちに聞くとだいたい5~6個、多い子で20個、中には3個の子もいまし

た。内容は、スポーツ、サッカー、野球、ゲーム、テレビ、漫画、中には犬と書いた子も

いましたが、だいたいこんな感じでした。

実はこれは人生の豊かさを表わすテストで、数が多いほど、豊かな人生ということになりま

す。少なかった人はもっともっと視野を広げて、いろんな世界に飛び込んで、チャレンジ

して見てください。それだけ、人との関わりが増えて、充実した人生になりますよ。

ちなみに私は36個でした。(目標は年齢を上回ることだったんですけどね。)coldsweats01

しかも、普通の人とほとんど違う答えを書いていました。

さて、話を戻して、Mつひろ君が最後に締めくくった言葉が

「これから皆さんは70年くらいの人生があります。是非いろんなことに挑戦して、輝く人生

を歩んで下さい。私も君たちに負けないくらいもっともっと人生を楽しみたいと思います。」

でした。これを聞いて私は「先生なんか150歳まで生きて、お前らよりもっともっと素敵な

人生を送ったるわい!」と子どもたちに言いました。(大人気ない大人だ。)coldsweats01

なによりうれしかったのは、1教え子であるMつひろ君が勉強もさることながら(ちなみに

彼は学校や模試でも1番を取ったことがあるくらい賢い子です)勉強の合間に私が子ども

たちに伝えたかったことを、しっかりと受け止めていて、ちゃんとそれを実行し、意思を受

け継いでいたことです。happy01

私はこれからもずっとこの信念を子どもたちに伝え続け、一人でも多くの子がそれを実践

し、豊かな人生を進み、また、次の世代に伝えてってくれたらこんなうれしいことはありま

せん。happy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月 8日 (木)

愛情のかけ方

みなさん春ですね~。お元気でしたか?

私は相変わらず元気です。(先月、食中毒で初入院しましたが)。

ようやく新年度のバタバタも一段落したので、本をまとめて買おうと思い、本屋へ行ってき

ました。

ウロウロしているうちにふと絵本のコーナーが目に入ったので、「今の絵本はどうなってる

かな?」と思い、見てみました。

すると、私が小さい頃よく読んでいた絵本が何冊も置いてありました。

子どもの記憶とはすごいもので、本のタイトルはもちろん、表紙の絵やデザイン、色、話の

展開までしっかりと覚えているのです。

「なつかし~な~!そうそうこんな話だったな~!」と思いながら手にとって見ていました。

40年ちかくたっても同じ姿でそこに居てくれる絵本たち。なんだかふるさとの風景のよう

な、おじいちゃんやおばあちゃんに会えたような、そんなうれしい気分になりました。

それから、教育書のコーナーへ行き、しばらく立ち読みしていた時です。

ふと思ったのです。

「そういえば、今私はこうして、難しい本でもなんでも楽しく読むことができる。あらゆる知識

を得ることができる。それは母が毎晩本を読み聞かせてくれたからだ。私は本が大好き

になった。思えば家には何百冊という絵本が置いてあった。だから好きな本を好きなだけ

読むことができた。父母共働きで決して裕福ではなかったはずなのに、本は囲まれるほど

買ってくれてたんだ。」

私は急に涙がこみあげてきて、目の前の文字がゆがんでうまく読めなくなっていた。

私も子どもができたら(何年後かさっぱりわからないが)本や教育については惜しみなく

愛情を注ごうと思う。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年7月 »