« えっ!違うの? | トップページ | チームスポーツ »

2010年1月22日 (金)

最後に笑った人が勝ち

先週の日曜日、生徒たちを連れて西春の「新春チャレンジマラソン」に参加してきました。

私たちが出場したのは、当日参加できる「2.5kmジョギングの部」で、小学生のちびっ子

や、ゆっくり走りたい年配の方たちが和やかな雰囲気で走るのですが、私たちは大人げも

なくガチンコ勝負で走りました。coldsweats01

結果はK君の10位がトップで、続いてD君とS君が30位、I君が60位、T君が120位でし

た。それからタイムを計測してくれたN君、ありがとう!おかげでみんなのタイムがわかっ

たよ。run

さて、今日は「後悔」についてお話したいと思います。

先日、「死ぬときに後悔すること」という本を読みました。

著者の大津氏は終末期医療の専門家で、これまで1000人以上の患者を看取ってきた

医師です。

この本は氏が終末期の患者の話を聞いて書いたものですが、人はみな多かれ少なかれ

後悔の念を持って死んでいくが、ごく稀に思い残すことなく穏やかに死を迎える人もいて、

その人たちに共通しているのが、「明日死んでもいいくらい今日を精一杯生きてきた」と

いうことだそうです。

それから、「迷うならやったほうがよい」ということも書いてありました。

例えば「結婚すればよかった」とか、「子どもを育てればよかった」と後悔した人はいました

が、「結婚しなければよかった」とか「子どもがいなければよかった」と後悔した人は一人も

いなかったそうです。

私もいろんなことをしてきましたが、すべてよかったと思っています。

いいことも悪いこともすべて思い出となり、その数が多いほど、たくさんの人との共通の

話題が増えて、いつまでもその話で盛り上がれるからです。

だから今回のマラソン参加にしてもそうですが、子どもたちにはどんどんいろんなことに

チャレンジしてもらいたいのです。

そしてやるからにはすべて全力で取り組んでほしいのです。

本の中にもう一つ「夢が叶わなかったことよりも、夢を叶えるために全力を尽くせなかった

ことを人は後悔する」と書いてありました。

本当にそのとおりだと思います。

だから私は子どもたちに「一瞬、一瞬を大切に生きて、輝け!」と、これからも伝えていき

たいと思います。good

もちろん私自身ももっともっといろんなことに全力でチャレンジしたいと思っています。

最高の笑顔で棺桶に入るその日まで。happy01

|

« えっ!違うの? | トップページ | チームスポーツ »

今日のワイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1049265/33078801

この記事へのトラックバック一覧です: 最後に笑った人が勝ち:

« えっ!違うの? | トップページ | チームスポーツ »