« いざという時に助けてくれる本当の友はいますか? | トップページ | 結局人類は何がしたいんだ? »

2009年11月28日 (土)

脳トレ

先日、三重県で行われた「オールマスターズ水泳大会」に出場し、チームロミオが「100m

混合メドレーリレー」で優勝しました。これで今年の水泳大会はすべて終了です。

今年もたくさんのよい思い出ができました。また来年もすばらしい結果が残せるよう冬眠

せず、年末年始もトレーニングに励みたいと思います。

さて、今日は「運動と知的欲求」についてお話したいと思います。

先日、私のプライベート時間の多くを一緒に過ごす親しい知人と話していた時のことです。

私 「俺はじっとしてられないわ~。体を動かしたくなる。」

知人「でも、本読んでる時はじっとしてるわよ。」

私 「ん~?確かにそうだよな。あ!そうか!わかったぞ!!俺はじっとしてられないので

   はなくて、脳を動かしたいという欲求が強いんだ。」

つまり私が耐えられないのは脳の活動を遮られた状態ということなのだ。

例えば、運動をする。これは脳を動かしていることになる。

読書をする。これも脳を活発に動かしていることになる。だからじっとしていられる。

しかし逆に、電車や車での移動時間。これはきつい。

美容院や歯医者の施術中もきつい。

こういうときは頭の中で「百人一首」や「日本国憲法」などを復唱することにしている。

さらにきついのがテレビだ。

次から次へと考える暇も与えず映像を繰り出してくる。うるさいので思考の邪魔をされる。

しかもラジオや本に比べ、格段に情報量が乏しい。

最近の歯科では歯科医が回ってくる間の退屈しのぎにテレビがつけられているが、これ

がきつかった。

そして、もう一つすごい発見があった。

上の定義を逆説的に考えると、「脳を動かすと体がじっとする」ならば「無心で体を動かせ

ば水泳のレースで少しでも速くなるのでは?」ということだ。

ただこれはあくまで推測なので真かどうかわからないが。

|

« いざという時に助けてくれる本当の友はいますか? | トップページ | 結局人類は何がしたいんだ? »

今日のワイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1049265/32405316

この記事へのトラックバック一覧です: 脳トレ:

« いざという時に助けてくれる本当の友はいますか? | トップページ | 結局人類は何がしたいんだ? »