« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

語彙

今日は携帯電話(ケータイ)についての一考察です。

先日、旅先で「荒唐無稽」という漢字を忘れてしまい、気になっていたところ、ケータイに

辞書機能がついていることを思い出し、早速検索したものの入っていませんでした。

「ひょっとして?」と思い、いくつか思い当たる漢字を検索しましたが、かなりの確率で

入っていませんでした。

私は普段ケータイのメールは使わないのですが、こんなに常用漢字が入っていないとする

と非常にメールのやりとりに困るのでは?と思うのですが、あまりそんな話は聞きません。

例えば

「こないだ~、メールで~、曖昧模糊って打とうとしたのに~、出ないんだよ~、マジ

 ヤバくね~?」

「マジ~? ありえないんだけど~。」

なんて会話は聞いたことがありません。

ということはケータイに入っているわずかな漢字だけで多くのケータイユーザーのメール

交換が成立しているということになるんですけど~。

みたいな~。( ^ω^ )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喜びは苦しみの向こうにある

毎度のことながら不定期な日記です。

タイトルを「ロミオ先生の気まぐれ日記」にしたほうがよいのかも。( ^ω^ )

さて今日は、高校3年生の○山君と話していて思った話です。

彼が言うには、「今、体育が唯一の楽しみだ」そうです。

先輩から「3年生になると体育が楽しくなるよ」と言われてたそうです。

普段体を動かすことがそんなに好きじゃない彼がそう言うのですからよっぽどです。

私も経験したので彼の気持ちはよくわかります。

部活も引退し、起きてる間は全て勉強の日々。

その若いエネルギーを唯一発散できるのが「体育の時間」なのです。

私はこれを「代価効果」と呼んでいます。

人間、我慢や忍耐を強いられると少しのことに大きな喜びを感じることができるのです。

身近な例で言えば、月曜日から金曜日まで一生懸命勉強するから土日が尊くなる。

1年間、頑張って働いたから、たまの家族旅行がうれしくなるのです。

これはすばらしいことです。

本来やるべきことを精一杯やることによって、余暇の質も向上するのです。

彼は本来やるべき受験勉強をしっかりやることによって、代価的に体育の質も上がった

のです。

だから私は普段から子供たちに「精一杯与えられたことをやれ。そうすれば遊びももっと

楽しくなり、人生が充実してくる」と言うのです。

しかし、最近はこれの逆をする子が目立ちます。

何をしても「つまらな~い。楽しくな~い。」と言うのです。

それはそうでしょう。

だって、学校に行きたくないからと休めば、土日のありがたみなんて感じられるわけが

ありません。

普段、嫌なことから逃げている人間は、結局本当の喜びを見つけることはできないので

す。

こちらにも面白い身近な例があります。

受験やテスト勉強をしなければならない時期になるととたんに部屋の片付けを始める子、

授業の時間になるとちょっと勉強に関係のある話をし始める子です。

これは自分がしなければならない勉強が嫌で、でもあからさまに投げ出すわけにもいかな

いので、少しでも楽なほうへ逃げようとしている逃避行動です。

普段の余暇(遊び)の時間では絶対にやらないことですが、勉強をするよりかはマシだろう

ということがこの行動に表れているのです。

その証拠にテスト期間が終われば部屋の片付けなんてしません。

「授業を進めるからあなたの話は後で聞かせて」と言っても、授業が終わればそんな話な

どするわけもなくさっさと帰ってしまいます。

思い当たる人はその逃げ癖を改めましょう。

そうすれば私みたいに仕事も楽しく、余暇も楽しい、充実した人生が送れますよ。happy02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

勇気を持って踏み出そう!

先日、いつものようにプールに練習に行った時のこと。

夏休みとあって昼間から子どもたちが遊びに来ていました。

私がいつものように泳いでいると、一人の男の子が懸命に、私と同じコースで泳ぎ始め

ました。

私の泳ぐコースは「上級者用」と書いてあり、しかも私が泳ぎ始めると大抵の方は

コースから出て行かれます。

それでもその子は私に追いつこうと一生懸命泳いでいました。

しばらく泳いでいると、その子の仲間と思われる子たちが「お前、何泳いでるんだ~」

「かっこつけてんじゃね~ぞ」とからかったのです。

私はこういうからかいは好きではないので、泳いでる子に聞きました。

「お前、泳ぐの上手だな~。もっと速くなりたいか?」

その子が「はい」と言ったので私は少し泳ぎのコツを教えてあげました。

しばらくコーチングしていると、もう一人の子がこっちのコースへ入ってきて泳ぎ始め

ました。

さっきからかっていた仲間の中心にいた子です。

私は聞きました。

「お前も速くなりたいか?」

その子もやはり「うん」と答えたので一緒に教えてあげました。

私は普段は水泳を教えることはありません。

でも今回は特別でした。

それは始めに来た子が真剣だったからです。

何事もそうですが、最初の一歩を勇気を出して踏み出せるか。

それが可能性を高めるということにつながるのです。

最後にその子たちは「ありがとうございました」と言って戻っていきました。

その目は本当に生き生きしていました。

やはり子どもというのは潜在的に「知りたい、強くなりたい」と思っているものなんだなぁ

とあらためて感じました。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 3日 (木)

冒険に行こう!

先日、デビル先生こと倉橋君がたくさんの林檎と梨を手土産に顔を出してくれました。

このお盆は忙しかったようですが、頑張って乗り切ったようです。

若いうちは多少無理しても体が持つので、どんどんやって一人前になって下さいね。

話は変わって、在校生たちは第3回全県模試を行いました。

この夏休みの間に頑張ったか、そうでないかがこの結果にしっかりと反映されています。

思わしくなかった人は自分でよく考えて生活習慣などを改善して下さいね。

さて、そんな全県模試の解説授業が終わった後、1年生の子たちが教室でトランプをして

いました。もちろん、授業時間ではないので構わないのですが、もっと有意義な時間を

過ごさせようと思い、「冒険ごっこ」と称して生徒たちを外に連れ出しました。

これはワイズ名物の一つで、近所を散歩しながらゴミを拾い、その季節にあった木や花や

野菜や鳥や昆虫など、目に映るものを片っ端から教えるというものです。

これは自分で言うのもなんですが、いいです。ヽ(´▽`)/

体を動かすし、近所の人と挨拶もできるし、環境にもいいし、勉強にもなるし、日本特有の

すばらしい季節の変化を感じることができるし。

ゲームやネットやケータイに負けないように、これからも子どもたちに魅力あるイベントを

してあげたいと思います。( ^ω^ )

ちなみにゴミ拾いは素敵な慈善事業なのでご褒美として、梨や林檎をあげました。

もちろん皮むきは自分たちでやらせます。

非常に危なっかしい手つきですが、子どもたちもえらいもんで、今のところ指がなくなった

子はいません。happy01

あと10回ほどやったら上手になると思います。何事も経験ですね。(* ̄ー ̄*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

当たり前だと思うなよ

今年の夏休みも生徒を連れてキャンプをしてきました。

川遊びをしたり、花火をしたり、肝試しをしたり、温泉に入ったり、広場でサッカーして

遊んだりと、子どもたちは親元から離れて自分たちだけの力で1泊2日の野外体験を

とても楽しんでいました。

私も子供たちの生き生きとした顔を見ていると「これが本来の子どもたちの姿だよなぁ」と

うれしく思うのです。

正直、出発前に少し悩みがありました。

子どもたちが「ケータイ持ってっていい?」とか「ゲーム持ってっていい?」とか「テレビある

の?」とか言うので、私は「そんな物より100倍楽しいことをするからいらん」と伝えた

のです。(こういう質問の中に現代の子どもたちの生活が見えますね)。

ここが大人の腕の見せ所になるのです。

ゲームより楽しいことを自然の中で教えるのです。

それは子どもたちどうしでみんなが頭と体を使う遊びです。

ただし、全部教えてはいけません。ヒントだけ与えてなるべく本人たちにやらせるのです。

まぁこれは子どもたちの笑顔を見て成功を確信しました。smile

さて、実はこのキャンプにはもう一つ大切なコンセプトがあって、「親への感謝」です。

今回ももちろん自分たちで食事を作ったり、後片付けをしたのですが、やらせてみると

ほとんどの子ができません。それは裏を返すと、普段炊事に参加せず、片付けも

手伝っていないということです。そんな上げ膳据え膳みたいな生活が子どもたちの教育に

とってよいはずがありません。だから私はやらせるのです。

(危なっかしい包丁の手つきを見ていると思わず、取り上げて自分が代わりにやろう

という気持ちを何度も抑えて)。Σ( ̄ロ ̄lll)

そしてこの体験を通じて子どもたちは毎日毎食料理を作ってくれる母親への感謝の

気持ちを持つことができるのです。

もし、ご自宅で子どもがだらだらとテレビやゲームや漫画やネットなどしてるようでしたら

どんどん家事を手伝わせてください。お願いします。( ̄ー+ ̄)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »