« あのころの悪ガキが偉そうに・・・ | トップページ | 雨にも負けず、風にも負けず・・・ »

2009年5月 7日 (木)

悟りの境地?

今回のゴールデンウィークの休みについてですが、連絡の不徹底により一部の方に

ご迷惑をおかけしました。すいませんでした。

中間テストで良い結果が出せるように頑張りますので、これからもよろしくお願いします。

さて、そのゴールデンウィークですが、みなさんはどう過ごしましたか?

ETCを取り付けて高速道路を利用して遠出されたのでしょうか?

私は紀伊半島を一周してきました。もちろん今回も自転車です。

そして今回もまた新たな出会い、新しい発見がたくさんありました。

まずは志摩半島。

海岸沿いは平坦な道がありません。アップダウンの連続で、身をもってリアス式海岸を

感じました。と同時に私たちの住む濃尾平野がいかに平らか再確認しました。

次に和歌山の県民性。

どこにいても、よく話しかけられましたね。人懐っこい、温和な感じを受けました。

そして、通り過ぎる車の窓から「頑張れ~!」と声援も何回かもらいました。

食べ物もおいしかったですね。

松坂牛、めはり寿司、さんま寿司、マンボウの串焼き、鯵バーガー、那智黒飴、くじら丼、

まぐろ、紀州梅、有田みかん、和歌山ラーメンなど。

あとは寺社仏閣ですね。

高野山や熊野大社、伊勢神宮、吉野や飛鳥の遺跡など、昔から多くの人が参拝する寺社

がいっぱいあって、ここが日本人の心の原点なのかな、と思いました。

武田信玄も上杉謙信も、明智光秀も徳川家光も標高1000m近い山頂にわざわざお墓

を建てるくらいですから、ここに神がいると感じたのでしょう。

まぁ、神と崇められている空海さんはそんなつもりはまったくないのでしょうけど。

ただ、昔と違うのは、車でやってきて、デジカメで写真を撮るというスタイルですね。

自転車で登ってきた人は一人もいませんでした。

何かのパンフレットに、「たいへんな山道を苦労して登ることにより自然に存在する神に

近づくことができ、悟りを体得することができる」と書いてありました。

ならば、今回自転車で登った私は何かご利益があるかも知れませんね。

(とはいえ私は信仰心がまったくないのでだめでしょうけど)( ̄▽ ̄)

いずれにせよ、私が伝えたいのは、「子どもたち、冒険しよう!」ということです。

荷物を抱え、たいへん苦労して坂を登りきると、また目の前に次の坂が現れる、

それはまるで人生のようです。雨がふっても、暑くても、寒くても、腹が減っても、

すべて自分で解決するのです。

これを乗り越えると、「平坦な道っていいな~」「食べ物が食べられるって幸せだな~」

「天気の日って気持ちいいな~」「花が咲いてる、綺麗だな~」と普段当たり前だったこと

すべてに感謝と幸せな気持ちを持つことができます。

ひょっとしたら空海さんたちが伝えたいこともこのことなのか、な?

149

002  193

|

« あのころの悪ガキが偉そうに・・・ | トップページ | 雨にも負けず、風にも負けず・・・ »

今日のワイズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1049265/29487615

この記事へのトラックバック一覧です: 悟りの境地?:

« あのころの悪ガキが偉そうに・・・ | トップページ | 雨にも負けず、風にも負けず・・・ »