« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月17日 (土)

ロミオマン仕事初め

さて、新年が始まりました。

私は早速、マラソンに挑戦しました。一宮タワーのパークマラソンです。

たかだか3kmだし、ましてや今回は「仮面スイマーロミオマン」の宣伝活動のため、

仮装の部での参加だったのですが、せっかくなら格好でも順位でも1番になろうと、

年末から1日も休まず、練習をしてきました。

ただ、一人で走るのはつまらないので、3年生のU介くんとS也くん、それに1年生の

SくんとK也くんも巻き添えにして1日3km走りこみました。

そして迎えた本番。

たくさんの人が集まる中、一人だけ戦隊ヒーローものの青の全身タイツとマスクをつけて

いたので(簡単に形容すると青レンジャー)、とても目立っていました。

さて、スタート共にダッシュをし、先頭集団に交じって走っていたら、3kmの分岐点を

見落とし、10kmを完走してしまいました。

まあ、その分沿道で応援する人にたくさんアピールできたし、終わってからテレビ局の

インタビューも受けたからよかったかな。

あとで大会のパンフレットを見ると小中高校生もたくさんエントリーしていることが

わかったので、来年はワイズ生も連れて行こうと思います。

冬になるとこたつから出てこない「こたつむり」さんは、強制連行です。smile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

こんなこと言っちゃっていいの?

みなさん、明けましておめでとうございます。

本年もみんなですばらしい年にしましょうね。

昨日は全国各地で成人式が行なわれました。

毎年のことですが、ワイズの卒業生たちが挨拶に来てくれます。

華やかな彼らの姿を見ていると、こちらも初々しい気持ちになります。

これからは大人という自覚を持って人生を歩んで下さい。

貴史くん、直之くん、大地くん

まずは、おめでとう。

さて、今日のお話は新年一発目ということで、「頭をよくする方法」について

話したいと思います。

まぁ、学習塾でこのタイトルの話をしてしまったら、あと話すことがなくなってしまいますし、

そもそもこれが実践できれば、正直塾なんていらなくなってしまう・・・くらいすごい話です。

ので、他の人には内緒にしといてください。

まずは、頭をよくする、テストで満点を取る、成績を上げるには「IQ」を上げればよい。

IQとは抽象思考能力のことで、簡単に言えば、複数のものを1つのカテゴリにまとめ、

それを自在に操作する行為のことです。

ただし、勉強する意思がなかったり、そもそも勉強が嫌いな人はIQは上がりません。

ですから、まずは暇があったら勉強する。他の何よりも勉強が好きになってください。

次にIQがものすごく上がる年齢があります。幼いほどよくて、0歳~13歳です。

次にIQを下げてしまう物事を挙げておきましょう。

テレビ・マンガ・ゲーム・ケータイ・おしゃべりなどです。

とにかく頭を使わないものすべてです。これらは考えない脳になり、考えることが面倒に

なるものです。

次にIQを上げるための土台作りを教えましょう。

①外で遊ぶ。

 サッカーや野球など、楽しく頭と体を使うと脳を活性化させるドーパミンが分泌されます。

②読書をする。

 考えながら読むと言語読解能力が上がり、語彙も豊富になる。読書は脳の基礎体力

 作り。ただし、小説やゲームの攻略本など自分の興味のあるものだと、脳が働かない

 ので注意。

③クラシック音楽を習う

 ピアノやバイオリンなど、複数の動作を同時に行なうとドーパミンが出ます。

④もの作りをする。

 ラジオを分解し、また組み立てるなど、ものの仕組みを理解すると頭が活性化される。

さて、ではいよいよ本題の「IQを上げる方法」をお伝えします。

それはずばり「常に考える」ということです。

起きている間、常に頭を働かせるのです。しかも、自然に。自己欲求のままに。

見えるもの聞こえるものすべてに興味を持ち、疑問を持ち、それがなぜなのか考え、

自ら調べ、頭の中で整理し、人に説明する。それだけです。

例えば、子どもが遠足から帰ってきたとしましょう。

何も考えてない子の場合

「今日はどこ行ってきたの?」「えっと・・・どこだっけ?忘れた」

「何してきたの?」「何したっけ?えっと・・・工場の中を歩いた」

「で、どうだったの?」「つまらんかった」

常に考えている子の場合

「今日ね、豊田にある自動車工場の中を見学したんだよ」「へ~、そうなの」

「すっごく大きくてびっくりしたよ。東京ドーム10個分の敷地面積だって」「まあ!」

「最初はフレームしかなかったのが、エンジンやタイヤとかどんどん部品がくっついて

車になって、最後に塗装して、検査して、出荷されるんだ」「すごいわね~」

「質問してわかったんだけど、材料は主に鉄鉱石でオーストラリアから輸入するんだって。

「だから、今からオーストラリアについて調べるんだ」

と、同じ時間、同じ空間にいたのに、これだけ歴然とした差がつくのです。

というわけで、まとめると「頭がよくなる」ためには、

「小学生の間に、外で元気に遊び回り、クラシックを習い、本を読み、ものを作り、

何よりも勉強が楽しいと感じ、いつもいろんなことに疑問を持ち、考えて、調べて、

説明すれば」いいのです。

では、最後に、IQが高くなったあとの人生についてですが、

いい大学に入るため、いい会社に入るため、楽な生活をするため、とか、

そんなちっぽけなことを人生の目標にしないで下さい。

高いIQがあれば、なんでもできます。いろんなことにチャレンジして、もっともっと

豊かな人生を送ってください。そしてできれば、世のため、人のためになることを

願っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »