« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月26日 (土)

頭がよくなる食事

昨日はK橋くんが来てくれました。

いつも夏の暑さに負けないくらいの元気を持ってやってきます。

先日、仕事場で150kg分の鰻を焼いたら、外気がすずしく感じたそうです。

護摩修行みたいですね。

さて、今日は食について気づいた点を書きたいと思います。

それは、子どもたちの嗜好が変わってきているということです。

先日、東京土産に人形焼を買ってきたのですが、結構敬遠されたのです。

理由はアンコが食べられないということでした。

私はアンコが大好きなので、不思議でした。

一緒に買ってきた洋菓子風の東京バナナや銀座の苺ケーキのほうが大人気でした。

私は洋菓子はあまり好みではないので、これまた不思議な感じがしました。

さらに不思議が続きます。

この時期は、塾でカキ氷を作って勉強を頑張っている子どもたちにふるまうのですが、

反応が今ひとつなのです。

聞くと、そんなに食べたいと思わないそうです。

あまりに不思議なので、子どもたちの好みを観察してみました。

するとだいたいの嗜好がわかってきました。

まず、飲み物はファンタやコーラなどの無果汁の炭酸飲料が多く、

食べ物は、ポテトチップスなどの塩分や脂質の多いスナック菓子が人気でした。

私は栄養士ではないのではっきりとしたことは言えませんが、

恐らくこれらの物は栄養のバランスが悪く、体によくないような気がします。

ひいては忍耐力が低下し、スポーツだけでなく勉強にも大きく影響していると思います。

一概には言えませんが、頭のいい子はバランスのとれた食事をしている気がします。

私は水泳をやっており、さまざまな文献を読み、先述したジュースやスナック類は

免疫力、抵抗力、持久力、忍耐力が低下すると書いてあったので一切口にしません。

ついでにマクドナルドやインスタント麺も避けます。

上記のジュースやお菓子が好きな人、

丈夫な体やスポーツの上達、さらに賢くなりたければ、

今一度自分の食生活を振り返ってみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月25日 (金)

クーラーっている?

毎日暑い日がつづいていますが、みんな元気ですか?

先生は地球温暖化を少しでも阻止しようと

クーラーも扇風機も使わない生活をしています。

先日、実家に行ったら両親が「地球は人間だけのものじゃない」と言って

クーラーも扇風機も使わない宣言をしていました。

やっぱり親子だなぁと思いました。

さて、先日、水泳の全国大会で東京まで行ってきました。

結果は10位でした。

日本一になるにはまだまだ精進しなければと感じました。

3年生の子たちも最後の大会を迎え、精一杯戦ってきたようです。

結果はもちろん大事ですが、この2年半、一生懸命部活に打ち込んできたことは

とてもすばらしいことです。人生の輝きとなるでしょう。

折りしも、夏の高校野球が行われています。

勝って喜び、負けて悔し泣く。

一生懸命、生きているからこんなすばらしい経験ができるのです。

ぜひ、みんなにはこんな輝く人生を送ってほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月17日 (木)

最後の大会

今日、漢字検定の合格発表が出ました。

当たり前ですが、でも、もう一度言っておきます。

「努力をした人が合格します。」

それだけです。

さて、部活の大会が近づいています。

特に3年生は最後の大会なので、気合いが入っていることでしょう。

Mことくんはバレーで、A咲さんはテニスの団体と個人で、

K治くんとS介くんは剣道で、U介くんは野球で、頂点を目指して頑張っています。

Mことくんは「悔いのないようにしたい」ということで、

練習のため、2回だけ塾の休みを請願にし来ました。

私もその気持ちはよくわかるので、許可を出しました。

そして彼のえらいところは、それが原因で勉強の成績を下げてはいけないという自覚が

あるので、こちらが何も言わなくても自ら勉強をすることです。

私もちょうど同じ時期に水泳の全国大会があります。

彼らに負けないくらいすばらしい結果を出して、凱旋帰国したいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

あのなぁ・・

一昨日は卒業生のT貴くんが来てくれました。

現在、父親の見習いで大工をやっているそうです。

小学生の頃はおおちゃくい子で、学校の先生を怖がらせていたのに、

ワイズに入って講師とふれあううちに礼儀を覚え、

今では敬語で会話ができるほどまともな社会人になりました。

さて、連日暑い日が続いていますね。

最近は「ちょうど学校からの帰り道だ」ということをいいことに

教室のクーラーをつけて椅子を並べてベッドにし、K合S帆さんがよく寝ています。

家よりくつろぐらしく、まるで「ぽにょ」みたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月14日 (月)

え?音楽も教えてくれるの?

昨日はとても忙しく、充実した日でした。

まず、先日見学させてもらった野球チームの練習に誘われたのですが、

早朝7時からということで、慣れない早起きをし、子どもたちを連れて行ってきました。

今回はR次くんとU樹くんとS也くんを連れてったのですが、着いたらソフトボールでした。

基本的になんでもこなす子たちなので、かまわず入れてもらい、一緒に練習しました。

冗談でもスカウトの話が出たくらいなので、こちらのすごさは十分伝わったと思います。

しかも、こっちはまだK治くんも、U介くんも、T信くんも、阪部先生も温存しているし。

さて、この日は夜に阪部先生のライブがあったので見てきました。

ビジュアル系のルックスで颯爽とベースを弾く様は、まさにミュージシャンです。

小学生の頃はちんちくりんのお坊ちゃんだったので、不思議な気分です。

このライブには高校生のK真くんも見に来ていました。

そして、いずれ彼もステージに立つ日が来るのでしょう。

音楽に携わる子が多いのもワイズの特徴です。

ま、ピアノとドラムとギターとベースが置いてある塾ですからね。

興味がある人はいつでもロミオが教えますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月12日 (土)

バタバタ七夕

やや遅ればせながら、七夕を祝っております。

子どもたちに短冊を渡し、好きなこと書いていいよと言ったら、

小1の子たちが「お金~」「お金~」と言い出したので、

あわてて「お金は禁止令」を発令した。(でないと9割お金になりそうだったので)

さて、読んでみるとそれぞれの性格が出ていて面白かったので、

ここにいくつか紹介したいと思います。

・夏休みの補習が減りますように(K合Rょうくん)

それは本人の努力しだいでしょう。よい成績なら補習はありませんよ。

・楽しい夏休みになりますように(U浅S介くん)

受験生の夏が楽しかったら、来年の春泣くことになりますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 8日 (火)

100点は良いことです!

昨日は卒業生のS糸E美子さんが来てくれました。

簿記のテストで100点を取ったそうです。

そしてホワイトボードにさりげなく落書きをしてってくれました。gawk

ま、ワイズは世界遺産じゃないので特に問題はありませんが。catface

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 6日 (日)

デーゲーム

昨日、生徒たちに混じって数学検定を受けました。

いつもは試験監督側ですが、いざ自分が受け手に回ると、いろいろ見えてきました。

それは適切なテスト環境を与えてあげることです。

この日は暑くて、試験が始まってしばらく、服が汗で体に貼りつくのが不快で

集中が少し低下しました。

さて、話は変わって、今日は知り合いの野球チームがまた別のチームと対戦をする

ということで、偵察を兼ねて子どもたちを連れて見学しに行きました。

しかし、人数が足りないということで、急遽その試合に出ることになったのです。

本当は子どもたちを出させてやりたかったのですが、

キャッチャーという特殊なポジションなので、私がやることにしました。

私自身も大学野球でならしたとはいえ、捕手はしたことなかったのですが

まずは無難にこなすことができました。

攻撃でもヒットを打ち、チームの足を引っ張ることはなかったと思います。

ま、自分のことはさておき、子どもらがどれだけ動けるか、試合になじんでいるか、

そちらの方を注意して見ていました。

試合前の準備、相手チームへの挨拶、ファールボールの対応、ベースコーチャー、

そして、試合の流れをしっかりと見る力、そういった試合の基本を教えてやりました。

それをそばで見ていた知り合いは「厳しいね~。野球教室の監督みたいだね。」

と言っていました。

そりゃ、やるからには勝ちたいし、なにより「ワイズ」のモットーは「文武両道」ですから、

野球もしっかりと教えます。

今日はS治S也くんも活躍し、セカンドで2つのフライを取り、ヒットも打ちました。

K村S介くんはあまり出番がありませんでしたが、

まあ、こちらの手の内をすべて見せる必要もないので、今度対戦する時に

相手チームさんに驚いてもらいましょう。

そして、朝早く起こしてくれたI葉D喜くん。

これからもっともっと練習して上手になったらいつでも試合に出れますよ。

まずは、基礎からしっかり覚え、楽しく野球をしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 5日 (土)

将来の夢と今の勉強

今日もワイズには卒業生がやってきます。

自分でいうのもなんですが、きっと素敵な塾なのでしょう。

今日はK橋くんがお土産のうなぎパイを持って来てくれました。

いつもありがとう。

さて今日はもう一つお話があります。

それは「クラブ活動と勉強について」です。

発端は「K村S介くんがリトルリーグを辞める」という報告からでした。

理由は「勉強との両立ができない」ということでした。

本人も恐らく苦渋の決断だったでしょうが、私も聞いた時は相当ショックでした。

なぜなら、彼は小さい時から野球を始め、プロ野球の選手になるという夢を持って

ずっと生きてきた「生粋の野球少年」だからです。

私はこれまでたくさんの子を教え、関わってきました。

その中には、あらゆる趣味や特技、そして将来の夢を持った子たちがいました。

私の結論を早々に言ってしまえば、「将来その道で飯を喰っていくなら、その道を、

そうでないなら、学業を優先すべきだ」ということです。

ただそれを人生のどのタイミングで決めるのかは難しいと思います。

野球に限っていえば、これまで2人の教え子が甲子園に出場し、

そのうちの一人の子がもうすぐプロ野球の選手になります。

あとの多くの野球少年たちは夢半ばでそれぞれの道を歩んでいます。

ですから、その道で食べていける(プロ野球選手)の可能性が0%

というわけではありませんが、ただ、ごく一握りの人間しかなれないのも現実です。

それから、もう一つの考え方があります。

基本的に成績のよい子は何でも器用にこなします。

成績がよい=時間の使い方が上手、ということですから

趣味や他ごとに時間が回せるのです。

現に、成績がトップクラスの子は他にもすごい趣味や特技を持ってたりします。

先述のプロ野球になる子も成績は上の方でした。

ただ残念ながら、成績のあまりよくない子は宿題を片付けるのが精一杯で、

予習復習もままならず、時には睡眠時間も削り疲弊していくのです。

今回のK村S介くんの決断が正しいかどうかの答えはもうこの世には存在しません。

ただ、この決断が正しかったのだ、と

思い込めるくらいの努力と結果を残すしかありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年7月 4日 (金)

ニーハオ!

今日もまた、卒業生がワイズに顔を出してくれました。

中国に留学していたDくんです。

驚いたことに、わずかの間に中国語がペラペラになっていて、

とても頼もしく、そしてうれしく感じました。

私はこのゴールデンウィークに上海と南京に行ってきて、

中国語に興味を持ったので、今度彼に教えてもらおうと思っています。

そして、今の生徒たちに留学先の話をしてもらおうかと思っています。

そして、またいつの日か、この中の誰かが世界に羽ばたけばいいな、と思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »